FC2ブログ

ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  思うこと >  懐かしの水車

懐かしの水車

080528.jpg
水車小屋の中

懐かしい水車
この水車は、家の直ぐ近くにあった。
本家のものでした。
昨年11月、区画整備の名の基に壊した。

水車自体が取り外され動かなくなってから
だいぶ経っていた。
しかし、中はご覧の通りすべて残っていた。
水車をつければ機能した。
聞けば、江戸時代からあったようです。
本家のおじちゃんが、よく手入れをして
お米を搗いていたのを思い出す。
屋号は「下店、しもんたん」と言った。
今でも、古い人はこの屋号で呼ぶ人もいる。

冬になると水車にツララが付いていた。

夏は、ホタルがいっぱい舞っていた。

川には魚がたくさんいた。
鮒、鮠、鯰、鰻、鰌、八つ目鰻もいた。
ざりがに、シジミ、ごーない、カラス貝もいた。
よく捕って食べた。

壊す数年前から何とかしようと
役場やいろいろの人に言ってきたが
無駄だった。
こういったモノには価値がないのか?
お金があれば買い取りたかった。

「もったいない」と思うのは、おいらだけか?

辛うじて、大小の歯車とカメ、
米を量った桶は保管した。


菖蒲とあじさいとお地蔵さん
ーー地蔵讃歌ーー
   土屋誠一石彫展
会場:加茂花菖蒲園
会期:6/5~6/22 
   ↓クリック↓
  加茂荘08-


[ 2008/05/28 23:13 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)
はじめまして。
いつも楽しみにしてます。初めてコメントさせてもらいます。

価値はありますよね。絶対ありますよね。
何十年も見守ってくれていた樹、昔から大事にされてきたもの。
人間の無礼で乱暴な行動に悲しくなりました。
[ 2008/05/29 11:29 ] [ 編集 ]
630郎さん
ありがとうございます。
人間、一人の力ではどうしようもないですね!
話せば皆、分かるのですが、具体的行動に移ると逃げてします。
悲しいものです。
でも、めげないように頑張らなくては、

一人でも言う時は言う。
それが、小生の生き方だから。
[ 2008/05/29 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into