FC2ブログ

ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  イベント >  着物すがた

着物すがた

三日間のイベントが終わりました。
遠州横須賀街道ちっちゃな文化展第8回
このイベントも年々、盛大になっていく様な気がします。
最後の日の3時頃から雨になりましたが、期間中たいへん多くの
お客様に来ていただきました。
久しぶりに会う人、新たに出会った人、いろいろの人との交流が
あり、本当にあっという間の楽しい三日間でした。
ありがとうございました。
お借りした「松葉米穀店」さんや「遠州横須賀倶楽部」の皆様を
はじめ「大須賀商工会」ボランティアの方々、大須賀の街の皆様
には頭の下がる想いです。
本当にありがとうございました。
来年も楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。

期間中、着物を着た方を時々見かけました。
お茶のお手前の方々
10234.jpg

この間の岐阜県美濃市、「美濃和紙あかりアート展」でもそうで
したが、ここ数年若い女性がオシャレで着物を着ることが増えて
きています。

和風の家の趣きにマッチして
10233.jpg


日本人として着物姿の女性を見るとホッとするのは私だけでしょ
うか?
10231.jpg


特に若い女性の着物姿は良いものです。
10232.jpg

自分も着物を着てみようかなと思ってしまった瞬間でした。

ふくろうおじさんのひとりごとー
           日本の心を忘れない!

「ふくろうおじさん」のホームページ





[ 2006/10/23 17:23 ] イベント | TB(0) | CM(8)
ブログにご来場いただきましてありがとうございました。

日本人の着物姿って、いいですよね。
ふくろうおじさんの写真、着物姿の女性より、紫色の瓶掛や桜のようにみえる茶碗目がいくのは、職業病ですかね。

心の教育というお題目が掲げられたゆとり教育ですが、日本の文化を継承する動きが無いのが残念ですね。
[ 2006/10/23 20:52 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
コメントthank you
着物かーいいですよねー
なんか、グローバル化してしまった日本だけど、着物を着ている女性をみると、ここは日本だ!!
と思い出させてくれます。
[ 2006/10/23 20:58 ] [ 編集 ]
楽しいイベントでした ちょっと見てよそで昼食とって3時までには家に帰るつもりが 6時になってしまいました 来年は腰をすえて見に行きます
[ 2006/10/23 22:11 ] [ 編集 ]
赤い着物の女性…
広井先生の展示場ッスね??
ほんとに随分と出展者も増えて盛況ですねぇ~!
こんな風に民家を借りた展示会って、アイデアがおもしろいッスね。
この前いったとき、駐車場に帰る途中でね、
“さくら棒”作ってるおうちの前、とおりかかった!
ちょっとのぞいたら、さくら棒ができる過程が全部みえる!おもしろかったよぉ~!
いっぱい、買ってきちゃった!!
あれも、アートだった(笑
うちんとこの「友達リンク」にリンクはらせていただきました。
http://www3.tokai.or.jp/rei-note/link_1.html
コメント、確認してくださいね~!
[ 2006/10/23 23:25 ] [ 編集 ]
そうです。
reiさん
広井さんのところです。
広井さんはあれだけのことをやっている方ですが
気取らず、もの静かであまり目立たない方です。
今年も交流会でいっしょに飲みました。
美濃でも審査員で来ていましたので話しました。
こういった交流が出来るのがうれしいですね1
[ 2006/10/24 09:17 ] [ 編集 ]
山水さん
ご来場ありがとうございました。
ゆっくり話せなくてすみませんでした。
奥さんにもヨロシク!
[ 2006/10/24 09:19 ] [ 編集 ]
0236#さん
小生は着物姿の女性(男性もですが?)が好きです。割烹着姿も良いですね!
[ 2006/10/24 09:24 ] [ 編集 ]
朝鳴くカラスさん
気がつきませんでした。
やはり職業病?かな。
小生も川や海に行くと
下ばかり見て、無意識に石を探してる。
「美しい日本」=「日本の文化」=「日本の心」
これでイジメが減る。
[ 2006/10/24 09:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into