ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  作品展のこと >  徳川家康がつけた「可睡斎」

徳川家康がつけた「可睡斎」

↓応援クリック、毎回押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

    誠一庵

    150420.jpg


    地蔵の土屋です!

    可睡斎という名前には徳川家康が関わった!!

    「和尚我を見ること愛児の如し。故に安心して眠る。
    われその親密の情を喜ぶ、和尚、眠るべし」

    11代目の住職仙麟等膳(せんりんとうぜん)和尚は、
    幼い徳川家康とその父を戦乱の中から救い出しかくまいました。

    その後、浜松城主になられた徳川家康は、
    親しく和尚を招いて旧恩を謝し、その席上で
    コクリコクリと無心にいねむりをする和尚を見て
    徳川家康はにっこりせられ
    「和尚我を見ること愛児の如し。故に安心して眠る。
    われその親密の情を喜ぶ、和尚、眠るべし」
    と申されました。

    それ以来仙麟等膳(せんりんとうぜん)和尚は
    可睡和尚」と称せられ、後に寺号も東陽軒から
    「可睡齋」と改められました。

    また、仙麟等膳和尚の時代、徳川家康公の帰依を受けて、
    天正11年(1583年)に東海4ケ国
    (駿河、遠江、三河、伊豆[1部])の僧録司となりました。

    ーーーーーー可睡斎ホームページより


    よろしくお願いいたします!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    切手面 写真面
    ★4月11日(土)〜4月29日(祝・水)
    ■■土屋誠一 石彫地蔵展■■
      時間:AM8:00〜PM5:00
      会場:秋葉総本殿 可睡斎 放生池横
         静岡県袋井市久能2915-1
         TEL 090-3447-5287/土屋
      HP:秋葉総本殿 可睡斎
      ※小生は出来るだけ会場に行きますが留守の場合もあります。
       特に、雨天の場合は留守がちになります!!
      ※期間中、会場に出向き石地蔵彫刻の実演を致します。

    ↓応援クリックお願いします!
    にほんブログ村 美術ブログへ
    にほんブログ村
[ 2015/04/20 19:08 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into