ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  お知らせ >  池袋15 8月号コラム

池袋15 8月号コラム

120802.jpg
池袋15 8月号 ふくろう通信

池袋15というタウン情報誌に連載!
7月号から12月号まで 6回連続です。


第二回「自然が先生」
展示会やイベントに参加していると必ずや聞かれることがある。
「どこの美大ですか?」「師匠はどなたですか?」
「有名な○○先生は知っていますか?」
小生は、ほとんど独学でやってきて、
基礎を教えていただいた方はいるものの、それも数日間程度だ。
勿論その基礎を教えていただいた方も先生だが、
ずっと通っていたわけではなかった。
先生という人に長く関わると、そのカラーに染まる。
そして遠慮しながらの活動になる。
自分のやりたいようにやるためには、あえて師匠に付かない。
あまり詳しくなくても自分流を貫く。自分流で進めながら自分を探す。
わけが分からないが、とにかくガムシャラにやってみる。
そんな不器用なやり方のほうが自分に合っていると思う。
人生のは師というものは、全ての中に存在する。
特に日本の自然の中に学ぶものは多い。
四季折々に変える風景
一斉に芽吹き花咲く春
緑いっぱいの夏
色づく秋
枯れた枝に舞う雪
その情景に勝る美は無い!小生は、そんな自然を邪魔しない。
自分の目の前にある風景に溶け込む。決して自己主張をしない。
まるで作品が、あたかも昔からあったような。
そのような世界が日本の美「侘び寂び」ではないかと思う。
周りとの調和、融和「和をもってこれを尊ぶ」。
これが日本人の心の原点であり、その心だけは忘れないでいたい!
いつの間にかそう思う様になっていた。

facebook.jpg

[ 2012/08/02 21:01 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into