FC2ブログ

ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  思うこと >  指導者たる者

指導者たる者

100714.jpg
思い出のガラスペーパーウエイト

息子達が小学校の頃
地元のサッカースポーツ少年団に入った。

監督、コーチはボランティアで指導してくれていた。
ありがたい事なのだが、あまりにも勝つ事にこだわる。
そのため、試合に出るのは限られたメンバーだけ
練習は少なく練習試合と称して対外試合ばかり
当然のごとく、体力がなく未熟な子はベンチ君
だから練習もろくに出来ない子も出て来る。

ひどいコーチは自分の子供ばかり気に掛けている。
そしてお決まりの親バカが表れる。
自分の子供に目を掛けてもらうために貢ぎ物、ご招待!
とうとう、される方も当たり前になって
それを要求する者まで出てくる始末!

心ある親たちが改善を求めて大もめにもめた。
小生もその先頭に立って掛け合った!

あまりにも勝ちにこだわって
伸びる子供たちの芽を摘んでしまっている。
小学生から中学、高校と急激に伸びる子がいる。
それを見据えてスポーツの楽しさと基礎を教えれば
子供たちは自分で判断して成長していく。

本当に勝ちたいと思っているのは子供たちなのだ!
チームワークの大切さから人間関係を学ぶ。
基本の大切さ、楽しくやる事がいかに大事か!

その事を指導者は肝の命じるべきだ!!

世の中の指導者と言われる方々も
この原点に帰る必要があるのでは!?

指導者の未熟は、その基にいる人を不幸にします!


ISIJIZO.COM
OWL DREAM
里山アート紀行

[ 2010/07/14 20:23 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)
バカは脅かすしか能がない
 持ち上げて貰う事ばかり考えてちやほやされたいだけだと思います。
 お疲れ様です。
[ 2010/07/14 20:34 ] [ 編集 ]
チロリンさん
子供の指導は人間性が問われますね!
スポーツが得意なだけで
コーチ、監督はやってもらいたくない!

この記事で問題視されたコーチは、
後に大きな問題をおこし裁判沙汰になった!
[ 2010/07/15 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into