ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  家の建替え >  家を建てるということ 4

家を建てるということ 4

100130.jpg
造成中 2010.01.18

昨日の記事にも書きましたが、
モノを作るということは、
作り手の意識で仕上がりが変わる!
量産ものでも、ひとりくらいなら
どうと言うことはないだろうが
半数以上が、嫌々作っていたらどうだろうか?

まさに今、問題が噴出した巨大企業がそうだろう。
倒産したアメリカの巨大企業もシカリである!!

さて今回、家を立て替えるにあたり
一番重視したところは工務店選びであった。
個人の大工さんでも良いがコスト面と納期、
そしてアフターが心配!
昔と違い、様々な近代的な様式で
それなりの知識も情報も必要である。

今回、小生は中堅どころの工務店さんにお願いした、

なぜそうしたか?
大手の住宅会社でもローコストで良いものもあったが、
作り手、職人さんの気持ちが心配だった。

大きな住宅会社はコストを抑えるために
職人さん達の日当を削っている。
そこに、職人さん達の気持ちが入る。
頭に来ていい加減に投げやり気味に作るのではないか?
検査には通るかもしれないが見えないところが心配!

職人さん達の顔が見え、気持ちよく作ってくれる。
それが一番大切だと考えた。

工務店の社長さんに聞いた!
「職人さんへの支払いは?職人さんの定着率は?」

全て満足出来る回答が帰ってきた。
そして、現場での仕事の仕方、環境、躾、挨拶も
完璧ではないにしても他に比べたら大きな差がある。

作り手の気持ち、意識は大切である!!

isijizoバナー
[ 2010/01/30 19:09 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)
物づくり無くして、日本の未来はないのに
どこか、保護的な側面ばかり。
やはり、根本のニーズの部分を増やす努力が根本にあって初めてこだわることもできる。
そういうことですね。
[ 2010/01/30 23:24 ] [ 編集 ]
そうです!
Kojimaさん
効率や金だけの追求が進み過ぎた!
それだけでは生きていけないことに
早く気がつこう!
右肩上がりが永久に続くことは無いのだ!!
[ 2010/01/31 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into