ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  家の建替え >  家を建てるということ 3

家を建てるということ 3

100126.jpg
更地になった我が家/2009.12.29

家を建てるのに一番問題なのは資金である。
小生のように、毎月の収入が安定していない職業は
住宅ローンを組むのに審査が厳しい!
特にこのご時世である。

取りあえず、頭金は保証金等で何とかなりそう??!
問題はローンが組めるか、そして条件は??
地元の地銀、信用金庫、JAの3カ所でシュミレーション
結果は、金利等の条件とスピーディーさ、
対応の良さでJAに決めた!

お陰さまで審査はなんとかクリアー。
よかった~!

さて、ローンの返済方法は?
迷ったのは、単独で組むか?息子と一緒に組むか?

息子に負担をかけないようにするか?
息子と組んで長期の返済で月々の返済を少なくするか?

いろいろと悩んだが、息子と一緒に返済することにした。
息子にも話して納得してもらっての結論。

ただ、返済が楽なことだけで決定したわけではない!
息子にも自覚を持ってもらう良い機会だと思ったからです。

今月に入って直ぐ、
JAに行き、息子と二人でローンの契約
工務店に出向き建築の契約

息子曰く!
「こんなに名前や住所を書いたことはない!
 実印も押したこともない、緊張して疲れた~!」

その言葉を聞いた時、これで良かったと思った。
実印の重さ、重要さが分かっただけでも!
割り印や印紙などのことも良い勉強になったはず。

経験者には、つまらないことかもしれないが
我々のような庶民にはそういった経験をする機会は少ない。
その経験を若い時にすることで
男、成人、大人の自覚が出て来ると思う。

息子はそこまで考えてはいないかもしれないが、
無意識のうちに自覚はするだろう。

親の勝手な思い込みかもしれないが・・・!

[ 2010/01/26 19:47 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)
そうですよねー。
経験てだいじですよね。

立て替えもいろいろ疲れるので
お体ご自愛を。
[ 2010/01/27 09:26 ] [ 編集 ]
Kojimaさん
「百聞は一見にしかず」
良く言われることですが・・・・!
経験は将来、必ず生きてきますね!
[ 2010/01/27 16:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into