FC2ブログ

ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  思うこと >  こだわり!

こだわり!

091012.jpg
真心

先日、丸子のイベントの搬入の時
知り合いの人の展示場所に挨拶に行った。
そこでは3人の作家さんが展示

その内の1人の方、瓢箪に絵を描いている人が
小生が石の彫刻をしていることを知ったとたん
「道具はどんなもので彫っているのか?」
「道具は自分で作らにゃいかん」
と、盛んに自己主張!

小生は、平然と
「そんなことをしている暇があるなら作品を創るよ」
「今は、そんなことしなくても良い道具がある」
と言い放った。

自分で、道具作りからこだわる人は作れば良い。
もちろん良い道具で作るには超したことはない。
しかし、道具は道具 あくまでも作品が主役なのです。

「道具にこだわったら砂鉄から探さなくては!」
「鑪も!」
「それで一生終わっちゃうよ!」

「6、7年前にデジカメを批判した人がどうしてるか?」

自分の考えを押し付けてはいけない。
全てを否定してはいけない。
その人の考えでやれば良い。

批判すべきは
人真似、物まね、嘘をつくこと
(以外とこの業界も、こういった人が多いのです)

評価はその作品に対してだけ下されるもの。
それすら十人十色の評価なのだから!

だから、年寄りの職人気取り(あえて!)は困るのだ。

自己主張のおじさんは、
小生が反論している途中から声が小さくなってしまった。

「丸子のユニークな芸術祭」は今日で終わりました。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村  プチッとご協力を!
[ 2009/10/12 19:28 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)
分かります・・・
残念なことですが自分の考え以外は否定的で・・・
自己主張も分かりますが一歩間違えると我がままに。。。
[ 2009/10/13 22:11 ] [ 編集 ]
多いです!
こういう人が伝統工芸を駄目にした。
(言い過ぎでもないと思う)

一心さん
自分たちも注意をしていきましょう!
[ 2009/10/14 16:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into