ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  2012年07月

現場はどうなっているか?


威厳を誇る

企業などの組織でよくありがちなことですが、
合理化やリストラなど目標設定をして従業員にしいる。
しかし、役員や管理職がそれに伴う行動を起こさないでいる。
押し付けられるのはいつも底辺にいる従業員のみ。
これでは士気が下がり生産性が落ちるのは目に見えています。
だが、これが分かっていない組織(企業)が以外に多い。
もっと、現場を見て現場の声を聞くことが大切だと思う。

自らの行動はどうなっているか?
人は見ているのである⁉


明日31日PM6時で終了です!
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg
[ 2012/07/30 22:24 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

生活を感じる街


夜の大阪駅前

大阪の街は東京とは違う雰囲気を持っている。

大阪駅周辺でさえ庶民の街といった雰囲気が漂う。
東京のそれと違って、人々の生活が感じら大阪の街。

その違いは何だろう?

気取ったところが無い。
そんな雰囲気は嫌いではないが、この暑さには参ります!

★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg
[ 2012/07/28 23:30 ] 旅先でのこと | TB(0) | CM(0)

食べて飲んで、語った!


完食

今夜は、出展者の方と食事にいった。
お好み焼きの美味しい店だったが店名は忘れた。

食べながら、飲みながら人生論、芸術論、精神論と話は盛り上がった!
当然のごとく結論は出ないが、いい時間を過ごした。

こんな時間を持てるのも大都会にでてきたおかげです!

★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg
[ 2012/07/26 23:01 ] 旅先でのこと | TB(0) | CM(2)

阪神百貨店は明日からです。


石彫ふくろう/新作

11時半まで準備、残りは明日朝になります!
エアコンも切られて汗だくで作業。
でも、デパートの中ではまだまだ作業中の人がいっぱいいます。
今日中に帰れるだけでもありがたい。

明日からです。ヨロシクお願いします!

★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg
[ 2012/07/24 23:52 ] イベント | TB(0) | CM(0)

肌の合わない人

120722.jpg
想い

人が人と付き合う時、
100%の人と肌(性格)が合うということはない。
まして、性別、年齢、職業、環境、考え方、、、等々、全て違うのである。
そんな中で皆、我慢をしながらでもなんとか合わせようしながら生活しています。

でも、どうしても合わない人がいたら、それはそれで仕方がない事です。
出来るだけ早く縁を切って近づかないようにするしかないのです。
そうしないと、その事にとらわれてストレスが溜まり精神的に参ってしまう。

出来るだけ早く心から取り除く努力をする。
それすら避けてしまい、いつまでもストレスを感じて生きている。
一番悪いパターンですね!

人を変えることは出来ない。
自分が変わるか?

ここが思案のしどころです!

★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg">

[ 2012/07/22 22:23 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

不細工を目指す!

120720.jpg
地蔵

何がいいのか?
何が人を惹き付けるのか?

技術を駆使して作ったものなのか?
細密に作れば良いのか?
計算し尽くされたものが良いのか?

人の心はそんなに単純ではない!

荒削りでも
不細工でも
ヘタクソでも

人は心を動かせられるものを求めている。

この世に、綺麗なものはいっぱいある。
それらが全て受け入れられる訳ではない。

品種改良された華やかなバラの花もあれば、
野にヒッソリと咲く可憐な野花もある。

どちらも良いだろうが、
小生は後者を選び、そんなモノ作りを目指したい!



★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg">
[ 2012/07/20 22:33 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

阪神のふくろう展

120718.jpg
阪神のふくろう

★7月25日(水)~7月31日(火)
■■阪神のふくろう展■■
  会場:阪神梅田本店9階 ステージ9
     〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 
     電話06-6345-1201
    ※期間中、実演販売いたします!

facebook.jpg">
[ 2012/07/18 23:15 ] イベント | TB(0) | CM(0)

成果は?


真夏の空

今日で終了いたしました。
東京、銀座松屋でのイベント!

他の方(福島の古布・母屋さん)のブースを間借りして
慣れない骨董市での展示販売。
ジャンル違いや思い切ったPRもできない中でしたが、
思ったよりも反応は良かったと感じました。

今の作品がじゅうぶん通用し受け入れられるという自信につながった!
それだけでも今回の出展は意味がありました。

久しぶりに会うことができた方、
花鳥園で知って、わざわざご家族できていただいた方、
仕事でこれからもお世話になる方、
そして、新たな出会い!

今後の励みになることがいっぱいありました。

さあ、明日からは25日より始まる大阪の準備をしなくては!


facebook.jpg">

[ 2012/07/16 20:57 ] イベント | TB(0) | CM(0)

ピンとキリ


夜のスカイツリー

今回の東京でのイベントは、日本の中心地 銀座。

小生の宿泊は南千住。
南千住は昔のドヤ街、そこの安宿。
今でも、その雰囲気が漂いそんな人たちもいる。

大都会の華やか部分と底辺、
そんな風景を毎日見ています…。

夜空に輝くスカイツリー、酔っ払った老人、、、、。
駅からホテルに歩く途中でも、、、、、。

考えさせられます。


facebook.jpg">
[ 2012/07/14 22:40 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

ボチボチ!


松屋8F

いい感じになって来ました。
いろいろな出会いがある!
だから辞められない。

田舎にいては味わえ無い感触。

さすが銀座!
面白くなって来ました‼


facebook.jpg">
[ 2012/07/12 23:44 ] イベント | TB(0) | CM(0)

憧れの場所で!


憧れの場所

明日から、ここ銀座の松屋で展示即売です!
自分の名前で出ているのでないので堂々の展示ではないですが、
憧れの地でのイベントは楽しみです。

作品への反応や新たな出会いに期待が膨らみます!

銀座松屋の骨董大市 古布・母屋さんのブースです。


facebook.jpg
[ 2012/07/10 22:12 ] イベント | TB(1) | CM(0)

心を無くす?

120707.jpg
仏/蛇紋岩

忙しいと言う字は、心を無くすと書く。
「忙しいという人は悲しいです」と、言う人がいた。
本当にそうだろうか?

言葉にはいろいろな意味がある。
急がしいを口実に逃げている。
そういう人は心を無くしていると思うが、
心を無くす程、一所懸命に仕事に打ち込む!
それが本来の意味ではないだろうか?!

悲しいと言った人は「忙しい」に嫌な思い出があるのだろうか?

無になる!
一色懸命に物事に打ち込む時、
何も考えないで一心不乱になっている。
無、すなわち心を無くす。
それが忙しいという字になった。

小生はそう理解した。

物事は、忙しい人に頼め!
そういう言葉もある。

忙しい程、仕事がはかどる!
ここ、数日そんな日が続きました。
電話やら会合やら、DM作成依頼、ボランティアの編集作業、
急のお客さん、打合せ、相談事等など、、、、、?!
そんな中でも、東京に出展する7体の石地蔵が完成!

やれば出来る、忙しいを言い訳に逃げてはいませんよ!


facebook.jpg
[ 2012/07/08 19:31 ] 思うこと | TB(1) | CM(0)

池袋15

120706.jpg
池袋15

池袋15というタウン情報誌に連載!
7月号から12月号まで 6回連続です。


1207061.jpg

彫刻家・土屋誠一のふくろう通信
第1回「ふくろうとの出会い」

ふくろうとの出会いは物心ついた時から始まっていた。
静岡県のほぼ中央に位置する島田市の金谷地区は、
旧東海道の江戸から数えて24番目の宿場であった。
小生は、その金谷宿で生まれ育ち、
川止めで知られた大井川の河原を遊び場とした。
その大井川の氾濫を押さえる為に祭られた水神社が
家の直ぐ近くにあった。
そのお水神さん(近所ではそう呼んでいる)に毎年、
番(つがい)のアオバズクが来て子育てをしているのを
いつも見ていたのである。
アオバズクは、夏期に日本国内などで繁殖し、
冬季になると東南アジア方面に南下するふくろうでだ。
ふくろうは昼に活動することが無いので野生のふくろう
見た事のある人は少ない。
そんなふくろうの中でも比較的人里近くにも巣を作るのが
アオバズクである。
毎年、新緑の季節に親子のふくろうを見るのが楽しみで、
前夜の鳴き声をたよりに弟と一緒に近所の木の上を
探し回ったのも思い出のひとつだ。
20数年前、サンドブラストアート作家として活動を始めた頃、
デザインを身近な自然に求めた。
周りの風景や植物、生き物を描いている中にふくろうが
あったのは言うまでもない。
今、石彫家としてふくろうをテーマのひとつとして
制作しているのも、この幼い頃からの思い出が
潜在意識の中に残っているからだと思う。

facebook.jpg
[ 2012/07/06 23:13 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

感謝!

120704.jpg
地蔵/砂岩

今日、そのままになっていた
加茂荘古寺の外に置いてあった作品を片付けてきた。
重い石は滑ると危険。
最終日に雨が強く降っていたので今日になった次第です!

今年の作品展は、今まででいちばん会場に詰めた。
そのこともあったのか、最高の成績で終わることが出来ました。
5年目、5回目の展示会。
お客様にも年々浸透してきているようです。
特に、二人展の相方 志戸呂焼の細井さんは、
リピーターが毎年のように増えてきています。

昨年の無料開放の反動でお客様の入りが心配でしたが、
逆に良いお客様に恵まれた今年でした。

石彫地蔵も2体、浜松と川崎にお嫁入り。

最終日に再度ご来園下さり、
ishikoro慈母地蔵をお求め下さった方が2名も!
その内のお一人は、わざわざ富士市から新東名で来ていただいた。
本当にありがたいことです。

ご来園下さった皆様、本当にありがとうございました!
来年またお会いしましょう!!


facebook.jpg
[ 2012/07/04 21:19 ] 作品展のこと | TB(1) | CM(0)

同級生

120702.jpg
枯れ枝もアートに!

「店に作品を持って来い、飾って宣伝してやるから!」
この仕事を始めてしばらくした頃、同級生のやっている居酒屋に行った。
その彼が言った言葉だった。

小生が答えた。
「この店の飲み代、一ヶ月間だだにしてくれるか?」
彼は、キョトンとしていた。
「大体、ただで貰ったものはただで貰ったとしか言わない」
「飲み代をただにすることと同じだよ!」

同じ同級生でも、展示会で買ってくれ
今でもお店に飾ってくれている小料理屋の主人もいる。

どちらのお店が繁盛しているか?、判断出来ますね!!

facebook.jpg
[ 2012/07/02 19:12 ] 思うこと | TB(1) | CM(0)
プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into