ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  2009年06月

お嫁に行きました!

090631.jpg
地蔵神戸花鳥園

五月末に神戸花鳥園に持っていた石地蔵二体
とうとう、そのまま神戸花鳥園に居座る事になりました。

加茂花菖蒲園の二人展に展示中
例のインフルエンザ騒動が勃発
その起死回生のイベントのため
急遽、厄払いのお地蔵さんが欲しいとの依頼

要請のあった二体を持って行ってもらいました。
このお地蔵さんのお陰かどうか?
その日から入園者が急に多くなってきたそうです。

「戻すのはいつでも良いですよ!」と
花鳥園に置いてきましたけれど
よほど気に入っていただいたのか
結局、そのまま向こうに残る事になりました。

鳥を抱いたお地蔵さんは、掛川花鳥園に置くため
加茂社長から依頼されて彫刻したもの

そのため、もう何体か作らなくていけなくなりました。
忙しくなりますが、有り難い事です。

こちらもヨロシク↓
http://www.isijizo.com
[ 2009/06/30 21:58 ] 手彫り石彫 | TB(0) | CM(0)

趣味は?

090629.jpg
灯の万華鏡/藤田喬平美術館

藤田喬平語録より!
「趣味なんか持っていたら、仕事なんかできないよ!」

ストレスを解消するために趣味を!と、良く言いますが、
仕事が楽しく、その仕事に生き甲斐を感じていれば
ストレスは溜まらない。
写真やパソコン、旅行や付き合いも
すべて仕事の延長線上!
それ以外の事なんか、やっている暇はありません!

こんな幸せな事はない!
[ 2009/06/29 19:01 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

おもてなしの心

090628.jpg
展示室へのアプローチ

藤田喬平ガラス美術館

さすが一流のホテルの美術館です。

松島一の坊

電話では、作品展の事で何回か連絡していた。
メールでのやり取りもしていました。
そんな中で、今回初めて現地に出向いた。
美術館に着いて、受付に行き名前を告げ
副館長のKさんに取り次いでいただいた。

電話での印象通り、素晴らしい応対!
一流のホテルのおもてなしの心が伝わる。
東北宮城、松島の風景にマッチしたゆとりある心

藤田喬平と松島との関係なども詳しく教えていただいた。
こんな機会は滅多にはない。

そして今回、小生が行ったもう一つの目的
定期的にJABA作品展をやること!

こころ良く「是非」とお返事をいただいた!

サンドブラスト彫刻作品の普及とレベルアップに
少しでも役立てたいという想いが伝わった。
いろいろなトラブルもありましたが、
それを受け入れ、また機会を作っていただける。

「感謝とおもてなしの心」は
いつでも、どこでも、誰にでも必要ですね!

感謝!

[ 2009/06/28 19:03 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

09、夏の予定!

090627.jpg

■■ 暑い夏が始まりますが、元気にいきましょう~! ■■

ーーふくろうおじさんの予定ーー
・・・この予定は変更する場合もあります・・・

★7月4日(土)5日(日)
 掛川花鳥園/実演販売

★7月11日(土)12日(日)
 掛川花鳥園/実演販売

★7月18日(土)~20日(月)
 掛川花鳥園/実演販売

★7月25日(土)26日(日)
 掛川花鳥園/実演販売


★7月29日(水)~8月4日(火) 
  ーーふくろう展ーー
 ==ふくろうの作家が20名以上出展==
 会場:阪神百貨店 大阪梅田店 催事場
 ※小生は毎日、実演販売する予定です。
   ※詳しくは追って掲載いてします。

★8月9日(土)~16日(日)
 掛川花鳥園/実演販売

★8月21日(金)~25日(火)(元に戻しました!)
 富士花鳥園/実演販売
  ※期間中、常時滞在いたします。

★8月29日(土)30日(日)
 掛川花鳥園/実演販売

藤田喬平語録

090626.jpg
松島の色/藤田喬平ガラス美術館

本日、昼過ぎに静岡に戻りました。

今回、自分たちの作品はもちろんですが、
藤田喬平の作品をゆっくり鑑賞する目的も!
藤田喬平は、他の作家とは違い関係者(硝子等の)以外
知っている方は少ないと思われる。

83歳で逝くまでに文化勲章をもらうなど
数々の実績を残している実力者であり、
硝子に日本の心を吹き込んだ第一人者である。

作品の素晴らしさはもちろんですが、
館内を鑑賞していて面白かったのは
作品の間にある「藤田喬平語録」なるもの
彼が要所要所で記された想いが伝わる!

「作家というのは本当は六十からが勝負
 自分の持ち味が出せるようになるんだ
 若いうちは自己主張が強くなるが
 人間を積み重ねることによって力を抜けるようになる
 手を抜いているようで手を抜かない
 これが出来ないと、、、!」

「趣味なんか持っていたら、仕事なんかできないよ!」

自分の想いと相通じるものが・・・・!

なんだか嬉しくなってきた!


[ 2009/06/26 20:02 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

作品展終了!

090625.jpg
硝子と光

昨夜は、Casa Vasoの後藤さんにお世話になり、
彼のお店のある登米市内に宿泊、二人でゆっくり飲んだ!

今日の午前中は、昔の風情が色濃く残る登米の街並を散策
午後から「藤田喬平ガラス美術館」へ
(登米市と彼の事は、また詳しく書きます)

JABAの作品展も今日まで、
4時に終了して片付けを手伝いましたが、
6時半頃にはすべて終わりました。
ご来館いただいたお客様、
関係者の皆様、
美術館のスタッフの皆様、
そして出展していただいた会員の皆さん

多くの方のご協力で、盛況のうちに終わる事が出来ました。
また、ここで作品展が出来る事を願い、
今から静岡に向かって帰ります。

松島は初めてでしたが、
楽しく有意義な時間を過ごす事ができました。
皆さんありがとうございました。



[ 2009/06/25 20:43 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(2)

松島一の坊

090624.jpg
松島を望む

今朝、早くに仙台に着きました。
少し仙台の街をぶらつき、松島へ
一の坊ホテル「藤田喬平ガラス美術館」
今開催中の
 JABA IN 藤田喬平ガラス美術館 まで


ゆったりとした時間の流れの中での
美術館鑑賞とJABAの作品展
素晴らしい体験です!

絶景のホテルロービーから


[ 2009/06/24 16:30 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

今は池袋!

090623.jpg
赤提灯とサンシャイン

昼から出かけ、池袋によって少し仕事。
そこで、ちょっと一杯が、・・・?

いいご機嫌になって、また遅れそうに!

今から高速バスで仙台に向かいます!
[ 2009/06/23 23:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

富士山静岡空港

090622.jpg
雨の空港

今月の6日、すったもんだの末
やっと開港した「富士山静岡空港」

開港以来、見物客で大賑わいの様子
人ごみが苦手な小生は、
わざわざ見学に行かなくても
その内、用事でも出来るだろうと思ってた。

そしたら思いがけなく早くその機会がやってきた!
ボランティアでやっている街の広報誌の取材
3人で空港会社の社長さんにインタビュー

我が金谷の街から10分程度の距離
アクセスはすこぶる良い。
おまけに2000台の駐車場も無料

今日は取材ですので関係者の駐車場へ
受付での登録を済ませ3階の事務所へ
気さくな社長さんが応接室へ案内してくれた。
ここからは滑走路が良く見渡せる。
取材中、着陸と離陸の飛行機を見ることができた。

開港が遅れたり、
インフルエンザで就航が減ったり、
不況で搭乗者が少なかったり、
予想以上に見物客が多かったり、
霧で欠航したり遅れたり、


いろいろ問題はありますが、
一番悪い時期が重なっているだけ。
これ以上は悪くなることはないでしょう!

取材した中で、
将来の子供の夢を載せて羽ばたくことができるか?
それは、私たちの活用次第だと感じました。
(直接、搭乗することだけではありません!)

ちなみに、明日から宮城県の松島ですが、
仙台行きの便があれば、どれほど楽だろうか?
と、つい考えてしまいました。


本当は飛行機が苦手な小生です!

[ 2009/06/22 20:27 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

何かが違う!

090621.jpg
古寺の夕暮れ時

何か忘れている
何か勘違いしている
自分も、社会も、政治家も!

このままで良いのだろうか?

人よりも自分
自分さえ良ければ良いのか?

自分に甘く、他人に厳しく

私利私欲

そんな日本に誰がした!

まともな人はいないのか?

[ 2009/06/21 23:22 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

甘くはない!

090620.jpg
センスが光るガラス表札

ここ1ヶ月くらいの間に
サンドブラストをやっているという人に何人もお会いした。
始めたいという人も!

そこで、「サンドブラスト、静岡、工房」で検索してみた。
ネットで検索したのは久しぶりでした。
そしたら、見たことも聞いたこともない人達が
いっぱいホームページを開きやっています。
そして、前にあったな~と思う人達はほとんどが、
消えているか、開店休業状態。

その内容も、静岡ばかりではありませんが
大概、似たり寄ったりのものです。
そこにオリジナリティーは感じません。
ガラス彫刻、記念品、ブライダル、表札・・・?
たまにタイル、石材、デニム・・・。
それも、既成と思われるデザインや商品的なものばかり。

それで生計が立てられれば良いのですが・・・?

お会いした人に聞いても
   「・・・・・・・・!」でした!


小生は、明日も掛川花鳥園です。

[ 2009/06/20 19:53 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

来月に向けて!

090619.jpg
黒御影ふくろう

明日明後日で加茂花菖蒲園の展示会は終了・・・・?
のつもりでしたが、志戸呂焼の細井さんが延長を希望
そのため様子を見ながらの延長戦!
お客様の入りを見ながらですが、28日までは展示予定。

ですが、小生は次の予定が入っていますので
細井さんのみの滞在になりますので
よろしくお願いいたします。
(小生の作品は展示しています)

志戸呂焼・石彫 二人展
小生は明日明後日 掛川花鳥園
23日~26日は藤田喬平ガラス美術館
27、28日は掛川花鳥園

そして、いよいよ7月
来月の末、29日からは大阪梅田の「阪神百貨店
ふくろうのイベントです。

その準備に掛からなくてはいけませんね!
(一部は準備に取りかかっていますがね)

さあ~!暑い夏がやってきます!

[ 2009/06/19 21:10 ] イベント | TB(0) | CM(0)

お地蔵さんは!

090618.jpg
聖母

地蔵さんは庶民の身近な信仰の対象
決して上から目線ではない。

観音さんや仏像のように大きな物はない!
大きくても子供くらい。
村外れや街の角にあり、いつも見守ってくれる。

そんなお地蔵さんになぜか惹かれるのです!

志戸呂焼・石彫 二人展


[ 2009/06/18 22:28 ] 手彫り石彫 | TB(0) | CM(0)

本物とは?

090617.jpg
抹茶茶碗/志戸呂焼

志戸呂焼の細井さんは7年前、金谷に築窯

今の土地に志戸呂の土が出るのを見つけ
1年以上も掛かって地主さんに掛合い、
やっとOKが出たそうです。

埼玉にいれば悠々自適の生活だったのに
志戸呂焼に魅せられ、どうしてもその土地で創作したいと

そのこだわりはすごい!
土地に出る土を採り、釉薬も山に入って探し
すべて薪窯で焼成、それも素焼きをしません。
大きなリスクを背負った焼き方をあえてやっている。

土や釉薬の研究、窯も自分で構築
志戸呂焼の歴史などについても人一倍勉強をしている。

そして何と言ってもその感性の素晴らしさ、
お茶のお手前も一流です。

本物とはこういう人のことをいうのでしょう!

こちらにも詳しく載っています。
ーーー→加茂花菖蒲園公式ブログ

志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/17 18:18 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

志戸呂焼とは?

090616.jpg
志戸呂焼 花入れ

志戸呂焼とは?
1、今の島田市金谷地区志戸呂の土と釉薬で作る陶器です。
  志戸呂焼は「尾州瀬戸の陶工 初めて志戸呂に来て
  造り出せしより志戸呂焼と称する」と文献にもあり、
  天正16年(1588年)徳川家康が志戸呂焼に保護を
  加えた時代から四百年以上の伝統と歴史があります。
2、小堀遠州は大名茶人、遠州流の祖、
  徳川三代将軍家光の茶道指南役
  和歌に長じ書は藤原定家の流れをくみ、
  芸術的要素が深く建築造園にも天賦の才を発揮した。
  その小堀遠州が好んで使ったと言われています。
3、現在、金谷には六軒の窯元があります。
  鳳悦窯 白幡鳳悦
  彦次窯 丸山茂己
  利陶窯 青島利陶
  遊 窯 鈴木良法
  天真窯 曽根哲男
  質侶窯 細井陶游
4、この六名の作家の志戸呂焼が静岡県の郷土工芸品に
  指定されています。
  この制度は、伝統性のある手工芸品として後世に伝え
  伝承するよう匠の技を認定したものです。
5、志戸呂焼の特徴は、桃山時代からの緑釉をはじめ
  江戸時代より伝えられる黄褐色の梨釉、紅釉、黒釉、
  飴釉、虎斑釉など鉄釉を中心にその焼味は渋く深い
  味わいがあり、その良さが今見直されつつあります。
  (細井さんの受け売り)


志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/16 20:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

本当の強さ

090615.jpg
志戸呂焼展示

志戸呂焼・石彫 二人展
今回、小生が細井さんを誘って加茂荘での二人展
他に紹介した人がいたが、細井さんは二つ返事でOKだった。
そして、この作品展を心から楽しんでいる。
新たな人との出会いを喜び、
その中から自分の作品に活かせることを
常に考え研究している姿はすばらしい!

客足が途絶えた時、ふと交わす会話の中に
謙虚だが、真の強さと信念を持った生き方が
言葉の中にうかがえる。

地味で目立たないが、侘び寂びのある渋さは
志戸呂焼に通ずる何かが細井さんにはある。

志戸呂焼がメジャーな窯になるのも
細井さんの肩に掛かっている気がしてならない。

4,5年先の細井さんが楽しみである!

[ 2009/06/15 21:18 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

線路脇の小さな居酒屋

090614.jpg
居酒屋「ひさ」

小生、お酒は熱燗
ほとんど毎日晩酌します。

仕事で地方に出た時意外は、家で飲むことが日課、
外にはほとんど飲みには行かない、というか面倒くさい。
一人で飲みに行くのは手持ち無沙汰で
話し相手がいないと飲んでいても面白くない。
でも、事前に約束してあれば話は別!

昨夜は知り合いの喫茶店のマスターと
近所の居酒屋へちょいと一杯!
10人も座ればいっぱいになる小さな居酒屋
さっぱりした小奇麗なおかみさんが一人で切り盛り!

場所は、大井川鉄道の新金谷駅すぐ側
すぐ横に線路があって、懐かしい風情が残るお店です。

画像、奥の灯りは大井川鉄道の列車です。


志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/14 18:51 ] まわりの風景 | TB(0) | CM(2)

客層の違い!

090613.jpg
花弁

今日明日は掛川花鳥園です。

久々の花鳥園でした。
朝から、家族連れのお客様がいっぱい!
比較的若い人も多い花鳥園

それに比べて、作品展会場の加茂花菖蒲園
熟年のご夫婦やグループの方が多くいらっしゃいます。
お子様連れの方はほとんど見当たらない。

時には、とんでもないVIPの方もご来園するようです。
文化人や政財界の著名な方も!

そういう場所を提供いただいての「二人展」
有り難いことです。


志戸呂焼・石彫 二人展

[ 2009/06/13 18:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブログで!

090612.jpg
紫陽花と地蔵/6.9

加茂花菖蒲園のブログで紹介されました。

窯花菖蒲園公式ブログ

菖蒲園のNさんがいつも写真を
奇麗に撮ってくれます。
それをCDに焼いていただきました。
「いつもありがとうございます」

志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/12 20:49 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

我が道!

090611.jpg
水玉

自分の力を信じる!
自分の進んでいる道を信じる!

「失敗は、成功するまでやり通さなかったから」
「成功は、成功するまでやり通したから」

回り道してもいい
自分を信じて、信じた道を行こう!

行く道があることの幸せ

感謝!

志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/11 18:23 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

梅雨入り

090610.jpg
雨だれ/加茂荘古寺

昨日から東海地方も梅雨入り
平年よりも少し遅いようですね!

今日も朝からシブシブ
途中、ものすごい雨音がして土砂降り
午後からは降りませんでしたが一日中梅雨空でした。

こんな中ですが、切れ間なしにお客様は来てくれた!

こうゆう時にはゆっくりとお話しできますね。

今日明日、志戸呂焼の細井さんは窯炊きのため
作品展会場は小生が留守番です。

志戸呂焼・石彫 二人展

[ 2009/06/10 19:50 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

作品づくりとは?

090609.jpg
黄色の群生/大井川

作品づくりとは・・・?
自己満足?
ニーズに合わせること?

知り合いに売れると思うとその方向に
向いてばかりいる人がいる。
物まねに近いものを作っていることも!

確かに自己満足だけではいけない!
でも、価値観を共有する人がいて
初めて作品としての価値があると思う。


志戸呂焼・石彫 二人展
[ 2009/06/09 18:45 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

久しぶり!

090608.jpg
想/硬質砂岩

久しぶりの「加茂花菖蒲園
作品展会場に行ってきました!

菖蒲も今が見頃と咲き誇っていて、
平日にも関わらず多くのお客様がご来園

会場の古寺も切れ間なしのお客様!
会話も弾み、久々のゆったりした時間を!

神戸とはまた違った風景に癒されます。

志戸呂焼・石彫 二人展

[ 2009/06/08 19:15 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

終わりました!

090607.jpg
天使の耳飾り

今日で終了!
神戸花鳥園実演販売

今回は、特別キャンペーンのため
緊急要請があっての出店

赤字覚悟の神戸入りでしたが
お客様の入りもほぼ通常に戻り
思いがけずの好成績!

地蔵さんのご利益??
ありがとうございます!


[ 2009/06/07 20:22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

上昇のきざし?

090606.jpg
希望の虹

昨日は、大安吉日!
不順な天候でしたが、夕方は虹が出て
北の六甲連山は夏空の装い。

思わず宝くじを買ってしまいました!

神戸花鳥園も残すは後1日です。
ganba200-2.jpg

[ 2009/06/06 23:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

JABA IN 藤田恭平ガラス美術館

09jaba.jpg
いよいよ明日から開催されます!

JABA IN 藤田喬平ガラス美術館2009

サンドブラストアートの華麗な世界をお楽しみ下さい。
体験講座も開催されます。

FKGM2.jpg

FKGM1.jpg

小生も出展しています。
松島には最終日に出向く予定です。

藤田喬平ガラス美術館



[ 2009/06/05 23:36 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

持ちつ持たれつ!

090604.jpg
緑のアクセント

今日は、午後に大阪の大手百貨店の方が
神戸花鳥園まで来て下さいました。

先に、小生の工房まで来ていただいたのですが
その続きの話を花鳥園さんを交えて話を進めた。

7月の下旬から8月上旬に掛けてふくろう
イベントを企画しているための打ち合せ。

いつもお世話になっている花鳥園さんに
少しはお役に立てそうな企画です。
もちろん、小生も参加しますが
こうして紹介できることが嬉しいですね!

何事も、持ちつ持たれつ
いろんな意味でそれが大切ですね!

一方的な関係では成り立ちません。
おいしいところを独り占めしている人がいますが、
お世話になったらお返しを!

[ 2009/06/04 18:53 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

ちょいと一杯!

090603.jpg
夜の三宮

たまにはいいか?!
(一日おきじゃない!)

田舎者にはまぶし過ぎる!?
[ 2009/06/03 23:56 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

菖蒲が見頃?

090602.jpg
花菖蒲/加茂花菖蒲園

本来なら加茂花菖蒲園古寺で行われている
二人展の会場に行っているのですが、
今回の緊急要請で神戸花鳥園での実演販売!

今が、一番見頃の花菖蒲
作品展会場も多くのお客様で賑わっているようです。

こちら神戸も、お陰さまで思った以上の成績
毎日、多くのお客様がご来園です!
ganba200-2.jpg

このキャンペーンは
加茂グループ全体で応援しています!

掛川花鳥園
加茂花菖蒲園
富士花鳥園
松江フォーゲルパーク
神戸花鳥園

[ 2009/06/02 19:33 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

がんばれ関西!

090601.jpg
厄払い!/神戸花鳥園

今回の緊急要請の経緯と様子が書かれています。
       ↓
神戸花鳥園公式ブログ

小生の作品や出店が、
少しでも役立つなら・・・!

ガンバレ関西!!


[ 2009/06/01 21:27 ] イベント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into