ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  2007年03月

春爛漫

ここ、静岡地方は桜満開!春爛漫!
0331.jpg

3月も今日で終わり、明日からは4月。
年度の変わり目ですね!
今年は、小生にとって大きな変換の年になろうと
しています。
仕事の上で大きな転換期に来ている予感がします。
また、しなくてはいけないと思っています。
昨年暮れから辛抱をしてきたことが
これからいよいよ本番!
今、その準備に追われています。
もうすぐ発表いたします。
もうしばらくお待ち下さい。

年度替わりにあたり自分に気合いを入れ直し
新たな気持でスタートします。
ガンバルゾ~!!!
[ 2007/03/31 19:55 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

今日も表札です。

これは、タモ材の表札です。
0330.jpg

木の種類によってずいぶん違うものです。
切る方向によってもそれぞれ、板目、正目、
そして取る位置によってもずいぶん変ります。
木は生き物です。
水分(含水比)が多いと彫るに大変。
やわらかい木も問題があります。
でも、いろいろあって面白い!

檜の表札

オーソドックスの中にも品がありますね!
0329.jpg

地元の工務店さんに頼まれて作った檜の表札です。
漢字の部分は浮き彫り、
ローマ字は文字を彫り込みました。
檜はきれいで品のある木です。
和風住宅にぴったりの表札ですね。
前にも書きましたが、
表札に気を遣う方々が増えてきています。
そのお宅の感性が伺える表札がいいですね。

牧ノ原公園のカタクリ

今日から小生の地元、牧ノ原公園に群生する、カタクリの
花が一般開放されました。
03282.jpg

平年より3日くらい早いようです。
暖冬といわれましたが結局、ほぼ平年並みということに
なりました。
新聞やテレビで報道されますので毎年、たくさんの方が
見に来られますが、特に写真を撮る方が増えてきました。
花の近くまで、カメラを近づけたい気持ちはわかりますが
花に触れたり、中まで入ったりしないでくださいね。
そして、他の見学者の鑑賞の妨げにならないように
お願い致します。
カメラマンの中には一端の新聞記者のつもりなのか、好き
勝手な行動をする方を時々見かけます。
勘違いもはなはだしいですね。

詳しくは→こちらへ

すぐ隣の「お茶の郷」で小生のカタクリと桜のストラップを
販売しています。
03281.jpg

夫婦茶碗

今日で「駿府匠宿」の作品展が終わりました。
この作品展の間、神戸に行っていましたのでご来場いただ
いた方には大変に失礼いたしました。
0327.jpg
よつ葉とふくろうの夫婦茶碗

この時期は、どうしてもイベントが重なる場合が多く
お客様には大変にご迷惑をおかけする場合もございます。
何せ、一人工でやっておりますのでご了承ください。

なるべく会場には詰めるのが本来の姿と考えます。
早く、そういった作品展だけにして自分の納得のゆく
理想の活動に近づくことを目標に頑張ります。
よろしくお願い致します。

季節感

昨夜、遅くに静岡に着きました。
今朝起きて外に出たら、気持ちいいこと!
0326.jpg

静岡地方、昨日はどしゃ降りの雨だったそうですが
今日は、空いっぱいに青空が広がり暖かな朝を迎えました。
桜の花もチラホラ咲き始めています。
10日間、神戸のポートアイランドにいたためか、
田舎に帰ってきて、やはり季節感は人工の島とは
全く違うな、と感じた次第です。
特に、この季節はそのように感じるのでしょうね!

今日は少しゆっくりしました。
明日から、またがんばって仕事です。
[ 2007/03/26 17:59 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

また来ます。神戸

今日で神戸花鳥園が終わりました。
0325.jpg

今回は当初、思ったより成果が上がりませんでしたが
今日、たくさんのお客さんに来ていただき
最終的には前回並みの成績で終わることができました。

花鳥園は掛川もそうですが、ここ神戸でも気持ちよく
仕事ができます。
スタッフの皆さんがいい人達ばかりで、
変なプレッシャーも無く、
楽しく仕事をさせていただいています。
後は、成果を上げて期待に応えるだけです。

6月の後半も神戸花鳥園にお世話になります。
よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

今から静岡に向かって帰ります。
[ 2007/03/25 19:09 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

石ころ豆ペンギン

お客さんのヒントで作るモノもあります。
0324.jpg

神戸花鳥園で「石ころふくろう」を作っていたら、
細長い石ころに彫ったものをを見て、小さな女の子が
「ペンギンさんみたい~!」と言いました。
よく見ると、それなりに見えるのです。
細長い石をいくつか探し、彫ってみました。
いかがでしょう、ペンギンに見えますか?

このように、お客様のひとことでアイデアが浮かび
新しい作品に結びつくこともあります。
[ 2007/03/24 20:13 ] 石ころ彫刻 | TB(0) | CM(2)

春めいてきました。

昨日あたりから、だいぶ暖かくなってきました。
でも、神戸の人は寒がりが多いのでしょうか?
朝、花鳥園まで来るポートライナー内では
暖房が効いているのにもかかわらず、
半数以上の人がコートを羽織り、
中にはマフラーまでしている人まで。
小生は、下着とシャツだけでも暑かったのですが・・!

画像は今、神戸花鳥園の隣で温泉を掘っています。
湯布院のイメージの温泉施設を作ると聞いています。
早くできると良いのですが。
0323.jpg

向こう側が神戸空港です。
霞が掛かって少し見えにくいですね。
やはり春です。
[ 2007/03/23 21:24 ] お知らせ | TB(0) | CM(2)

ふくろうとみみずく

ふくろうとみみずくの違い
0322.jpg

今日の画像は「ふくろう」です。
一般的にみなさんがふくろうと言っているは、
この種類です。
日本にも生息している種類で、
ふくろうらしいふくろうですね。
それでは、ミミズクとの違いは?
ミミズクには羽角と言われる飾り羽根が
耳のように見える種類のことを言います。
例外はありますが、ここが違っているのです。
でも、分けているのは日本だけ
英語では、すべて OWL(アウル)で区別はありません。
日本人独特の名前の付け方が、ここにもあります。


[ 2007/03/22 21:40 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(2)

白ふくろう

神戸花鳥園の白ふくろう「ヒンセ」君
0321.jpg

ふくろうは、いつ見てもカッコイイ。
この「ヒンセ」君は雄です。
雌はもう少し黒の斑点多くあります。
ハリーポッタで一躍人気者になりましたね!
ここ花鳥園でも人気者。
でも、他のふくろうに比べて
少し神経質のようです。
静かに接してあげて下さい。


[ 2007/03/21 23:13 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(2)

今夜は・・・!

神戸のビジネスホテルです。
0320.jpg

一人で飲みに出ることができない小生です。
こういう時は、お気に入りに酒を買って一人で乾杯!
好きな酒は、新潟「菊水」
今日は、神戸そごうで「にごり酒・菊水五郎八」
と「神戸コロッケ・カツ重」を購入
満足で~す!
ちょっと、飲み過ぎかな?
[ 2007/03/20 20:43 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

ありましたよ。

「銀工房こじま」さんの「キンメフクロウ」
0319.jpg

3/1に国分寺の「あうる」での小生に作品展に、
お父様とお出で頂きました、小島さんの作品です。
ポートライナーの駅側(北口)から入った
ショーケースの中に飾ってありました。
違いの分かるお客様の目に止まると良いですね!
     
     「銀工房こじま」詳しくは→こちら
[ 2007/03/19 21:31 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(2)

何とも言えない動き!

花鳥園のオオハシ君!
0318.jpg

花鳥園にはいろいろな鳥たちがいますが、
その中でもユーモラス、個性的なのが
「オオハシ」です。
近くに寄ってきて、大きなクチバシを
ゆっくり左右に傾け、こちらに眼差しを
向けてきます。
その仕草を見ていると、何でも許してしまう、
そんな気になります。
今の女性もオオハシ君を見習ったらと
つい思ってしまいました。
男のつまららぬ願望かな?

[ 2007/03/18 22:30 ] イベント | TB(0) | CM(1)

ベンガルワシミミズク

神戸花鳥園のベンガルワシミミズクの「モリ」君
0317.jpg

掛川花鳥園でもそうですが、小生が近づくと
威嚇するふくろうがいます。
特に、ベンガルワシミミズクはそうですね。
ふくろう担当のスタッフがそれを見て笑います。
羽根を大きく広げて「ガ~」と声を出します。
ライバルと見られているようです。


[ 2007/03/17 18:13 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(2)

神戸花鳥園、準備が終わりました。

20070316192937
今朝、早くに静岡を出て神戸に来ました。
途中、米原付近は雪がたくさん残っていました。
伊吹山PAに寄ったのですが、かなり寒かったです。
神戸も、明日は寒くなるそうです。
あの暖かさは、いったいどこにいってしまったのでしょう?
[ 2007/03/16 19:29 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

明後日からは神戸です。

今日から「駿府匠宿」での作品展が始まりました。
0315.jpg

地元、静岡新聞の取材がありましたので近いうちに
掲載されることでしょう。
でも明日、神戸に向かうため自分では見られませんね、
残念!
明後日からは、「神戸花鳥園」25日まで実演販売です。

   神戸花鳥園 詳しくは→こちら
[ 2007/03/15 21:39 ] イベント | TB(0) | CM(2)

忙しい時に限って!

急ぎの仕事が入ってきます。
0314.jpg

ガラスの切断の仕事が急に入りました。
あちらこちらとたらい回しにされたあと、
いつも小生のところに廻ってきます。
ガラスに穴を開けたり、変形に切断する
仕事をさっきまでやっていました。
板厚8mmのガラスで大変です。
明日は「駿府匠宿」
あさってから「神戸花鳥園」
やるのは今日しかありませんね。
やっと、終わりました。
[ 2007/03/14 23:55 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

サンドブラストアート おもしろgoods展

搬入がおわりました。
0313.jpg


サンドブラストおもしろgoods展」
3/15(木)~3/26(月)まで
    15日には小生も在店いたします。

駿府匠宿 詳しくは→こちら

主な作品
 1,デニムブラストアート/額装品
 2,タイル彫刻作品/額装品
 3,石ころ彫刻/額装品 ふくろう ペンダント 他
 4,御影石彫刻ふくろう
 5,タイルアクセサリー/ストラップ チョーカー 他
 6,貝彫刻/12星座ストラップ
 7,天然石彫刻/虎目石 瑪瑙 オニキス 
          などのストラップ チョーカー 他

サンドブラスト彫刻した小物を多く出展しています。
お時間がございましたらお立ち寄りください。
お待ちしております。
  

明日は搬入

静岡市の駿府匠宿の売店展示コーナー
0312.jpg
石ころミニ額「ふくろう」(価格2,000円)

駿府匠宿は静岡市が作った体験型観光施設です。
竹細工や藍染め、指物などの静岡の伝統工芸や
陶芸、レーザー彫刻なども体験できます。
サンドブラストも別館で体験できますよ。
小生が立ち上がりから企画の立案のアドバイス、
機械の設定、インストラクターの指導などを
させていただきました。
全国多くある、他の施設でのサンドブラスト体験は
ガラスばかりですが、ここではタイル、石にも
彫刻してアクセサリーなども作れますよ。
是非一度、石ころペンダントなど作ってみてください。

「サンドブラストおもしろグッズ展」
3/15(木)~3/26(月)まで
    15日には小生も在店いたします。

駿府匠宿 詳しくは→こちら

[ 2007/03/12 18:55 ] 石ころ彫刻 | TB(0) | CM(2)

お祭り用特注ストラップ

今日も、掛川花鳥園でした。

今朝、このブログのリンク集でお世話に
なってます「あんもう屋けんちゃん」が、
わざわざ花鳥園まで取りに来てくれました。0311.jpg
め組特注ストラップ

静岡県遠州地方では有名な「遠州横須賀
三熊野神社大祭」が4月7.8日に行われます。
その時用に、ご注文いただいたものを
今日、お渡ししたのです。
お祭りの当日は、いいお天気になるといいですね!
歴史ある優雅なお祭りのようです。
小生もいつか見に行きたいと思っています。

あんもう屋けんちゃんのブログ→こちら
め組ストラップの話題は→こちら

こういった特別な注文にもお答え致します。
    お問い合わせは→こちらから

暖かくなってくると。

いつものように、この時期になると忙しくなってきます。

0310.jpg
御影石彫刻(3000円)


予定のも書きましたが、来週が忙しさのピークです。
    ふくろうおじさんの予定→こちら
今、東京国分寺で作品展中(15日まで)
15日から静岡市「駿府匠宿」で、
   サンドブラストおもしろグッズ展
17日から神戸花鳥園
今日明日は、掛川花鳥園ですが、
その合間をぬって準備をしています。
体が三つくらい欲しいです。
でも、ありがたいことです。感謝!
[ 2007/03/10 21:39 ] イベント | TB(0) | CM(2)

木の文字彫刻

サンドブラストでの木の彫刻方法。
0309.jpg

左から
  1,文字を浮かせて周りを彫刻する。
  2,文字の部分を彫る。
  3,文字のアウトラインを彫る。
表札などでは文字を彫り込むことを嫌う人もいます。
いろいろな彫り方を提案して、
お客様のご要望にお応えしています。
今日も、木の表札を2つ作りました。
おしゃれな表札でしたので、また紹介いたしますね。

卒園記念

この時期になるとこのような注文が入ってきます。
03082.jpg
これは、幼稚園や保育園の園歌をの板に彫刻した
ものです。
有名な方の詩を彫刻した定番のものと、
こういった園歌や理念などを彫る特注ものがあります。
卒園記念に寄付していくものでしょう。
の板にサンドブラストで彫刻します。
細かな文字もありますので、ひとつひとつ慎重に
彫刻していきます。
03081.jpg
この後、塗装して完成です。(塗装は専門業者です)
目が奇麗に浮き出て、高級感のある仕上がりです。
良い卒園記念になることでしょう。

このような看板類もつくりますよ!詳しくは→こちらへ

ふくろうの表札

一昨日、お渡しした二世帯住宅「ふくろう表札」です。
0307.jpg
(参考価格 25000円 20cm角タイル彫刻)

小生のところに表札を依頼される方のほとんどが
ふくろうのデザインで」と言われます。
ふくろう」は、縁起物として定着してきていますね。
玄関先に「ふくろう」の置物や額装品を飾り
しあわせが舞い込むようにとの願いを込めています。
表札にすれば一生ものです。
特にタイルの場合はほとんど風化いたしません。
200年300年は大丈夫(それ以上かな!)
いつまでも新品の色合いを保っています。
新築、改築、転居、結婚などの贈り物にも最適です。

詳しくは→こちらへ

ガラス彫刻

このガラスはかなり前に彫刻したものです。
0306.jpg

オーナーの希望でカジキマグロを彫刻しました。
趣味が釣りということでこのデザインに!
事務所の入口の自動ドアーに使っていただいています。
ドアの向こう側、すぐ近くが海です。
太平洋の潮の香りがする風景にピッタリです。

この様な大きなガラスにも彫刻できます。
必要ならば、現場での作業も承ります。
本物のガラス彫刻をインテリアにいかがですか?
      詳しくは→こちらへ

[ 2007/03/06 21:47 ] ガラス彫刻 | TB(0) | CM(2)

デニムブラストアートその4

作品紹介その4
今日もデニムです。(しつこいかな?これが最後です。)

1、デニムブラストアート「鰈」
03052.jpg
サイズA6 (桧額付き)
          
2、デニムブラストアート「ほたるぶくろ」
03051.jpg
サイズA6 (桧額付き)

基本的には小生の身の回りにある題材でデザインを考えます。
田舎ですから自然が小生の「原風景」ですね!
タイル彫刻に使ったデザインを、デニムにも使う場合も多いです。
少しアレンジはしますが。



[ 2007/03/05 20:54 ] デニム作品 | TB(0) | CM(0)

デニムブラストアート展 続き

作品紹介その3
小生の定番「ふくろう」の作品を紹介いたします。

1、デニムブラストアート「満月」
03041.jpg
サイズA6 (桧額付き)
          
2、デニムブラストアート「春の夜」
03042.jpg
サイズA6 (桧額付き)

3、デニムブラストアート「三日月」
03043.jpg
サイズA6 (桧額付き)

このデニム作品は、小生が平成15年から手がけています。
ガラスやタイル、石、木など比較的、硬いものを彫刻する
ために使ってきたサンドブラスト
その技術を、布生地の様なやわらかな素材に使うとは夢に
も思っていませんでしたね。
デニムのダッメージ使用のひとつとして企業で使っている
ことを知り、これは作品作りにも使えると考え、直ぐに実
行してみました。
基本的には、サンドペーパーで擦って白くさせるものと同じ
ことです。サンドブラストに使われている砂は、そのサンド
ペーパーに付いている元の砂ですからね。
今でこそ、ジーンヅのパンツなどに柄や文字をブラストして
商売としてやっている方も増えてきましたが、作品として仕
上げている人は、今のところ見当たりません。

詳しくは→こちら

[ 2007/03/04 19:03 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

デニムブラストアート

国分寺「あうる」での作品紹介2
   作品展の内容、詳しくは→こちら 

1、デニム作品「ざりがに」
03031.jpg

          サイズA5 (桧額付き)


2、デニム作品「群」
03032.jpg

          サイズA6 (桧額付き)


3、石ころ作品「ふくろう
03033.jpg

      高さ 約3cm (ガラス台付き)


こんな感じのものを展示しています。
ご感想など、書いて頂けましたらうれしいです。


[ 2007/03/03 18:30 ] デニム作品 | TB(0) | CM(0)

楽しい ひと時

銀工房「こじま」さん
昨日、国分寺「あうる」で楽しい時間を過ごしました。
このブログのおかげです。 感謝!
0302.jpg

上の画像が、小島さんの作品です。
日本に生息する「キンメフクロウ」を忠実に再現した
銀細工です。
実物を見たら、想像以上に素敵な作品でした。
少しゆとりができたら欲しい逸品です。
頑張って、手に入れるぞ~!

   小島さんのブログは→こちら
小島さんのホームページは→こちら

[ 2007/03/02 22:17 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(2)
プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into