ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  2006年10月

看板・サインの製作

時々、看板サインの注文があります。
これは、木製サイン、掛川市のリリースセラピーOne Ness(ワンネ
ス)様の駐車場への案内板です。
10311.jpg

ケヤキの板にサンドブラスト彫刻、色入れをしてあります。
サンドブラストでの彫刻木目がきれいに出て高級感があります。
10312.jpg

木の看板は気を使います。(シャレではありません)
木の種類、木目の方向、含水比(水分比)など種類によって彫れ方
彫る深さなど全く違ってきます。
まさしく木は生きています。
詳しくは→こちらへ

ふくろうおじさんのひとりごとー
       自然を大切に!生かし生かされている。

「ふくろうおじさん」の新しいホームページ



「ふくろう亭」オープン

10月27日(金)友引の日、東京湯島に
       喰い処、飲み処「ふくろう亭」がオープンしました。
10302.jpg
10301.jpg

オーナーは「ふくろう版画雑記帖」などの著者、杉見徳明さんです。
退職後、夢であった居屋の亭主になる事を実現されました。
小生は「ふくろうの会」でいつもご一緒させていただいております。
2冊目の「ふくろう版画交遊帖」には小生の事も似顔絵付きで記載
いただきました。(小生はなぜかを飲んでいる?似顔絵です)
小生も、開店前にご招待を頂いていたのですが、仕事の都合でどう
しても行く事が出来ませんでした。
そのかわり、11月に上京しますのでお祝いに行ってきます。
東京になじみの店ができるのは本当にうれしいですね!
息子さんご夫婦との「ふくろう亭」が末永く続きます様に。

ふくろうおじさんのひとりごとー
      なじみの店とうまい、あとは・・・があれば良い?

「ふくろうおじさん」の新しいホームページ
[ 2006/10/30 12:20 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(4)

掛川花鳥園の「アンソニー君」

だいぶ葉っぱも色づいてきました。
10291.jpg

昨日は、2週間ぶりの「掛川花鳥園」でした。
花鳥園には温室に入ってすぐのところにヨウム(オウム科)の
アンソニー君がいます。
尻尾だけ赤、他はグレーで渋い?鳥です。
良く慣れていて、お客さんの手に乗ったり肩にとまって遊ぶの
が好きです。
10293.jpg

誰も相手にしてくれないとさみしいのか、良く鳴き良くしゃべ
り人の気を引こうとします。
時々「ハロー」と言っては、お客さんを喜ばせています。
良く可愛がってくれる花鳥園の女性には何をされても平気です。
嫌いな人には、機嫌が悪いと噛みつくこともありますが園内で
は人気者の1人(一匹?)です。
10292.jpg

ことばや音、鳴き声などを覚えるのが上手で、一時期小生が、
毎週、口笛である調子を繰り返していたら一ヶ月くらいで覚え
てしまいました。
何ごとも、根気よくやる事をあらためて教えらました。

ふくろうおじさんのひとりごとー
          何ごとも根気、諦めずにやり続けること!

 「ふくろうおじさん」の新しいホームページ

[ 2006/10/29 11:12 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

オリジナル表札

秋も深まり色ずく「からすうり」
10283.jpg

「掛川花鳥園」で小生のことを知っていただいたお客様から時々
表札の注文が入ります。
これは,愛知県の方からのご注文でした。
ご兄弟の新築祝いに送られる為のご注文でした。10281.jpg

今は,インターネットで画像が送れますので、この様なデザイン
を描いてメールに添付して見ていただきます。
(インターネット環境ののない方は郵送します)
10282.jpg

デザイン校正した後、御影石彫刻、特注の鐵枠にはめ込んで完成
お近くでしたら取り付けもいたします。
(遠方の場合は取付説明書をお付けいたします)
ふくろう表札は大変に人気があります。
            詳しくはこちらへ→オリジナル彫刻表札

ふくろうおじさんのひとりごとー
           「招福福郎」しあわせのふくろう表札

「ふくろうおじさん」の新しいホームページ


おまぶろ

秋の日差しを浴びて「あざみ」
10271.jpg

昨夜、「おまぶろ」に行ってきました。
「おまぶろ」とは風呂屋ではありません。
「御前崎ブログ村」のことです。
「ちっちゃな文化展」でお会いしたカオルさんと中野さんたちに
誘われましたので参加してみました。
ブログを初めてまだ間もなく、勉強と仲間作りのために行ってみ
たのですが、分からないところを教えてもらったり、有益な情報
を仕入れたりする事ができました。
会場もユニーク浜岡の「喫茶・がっこーに行こう!」です。
橋本屋さんクルミさん1652さんバフさん天雀さん
SANさんダンディーさん坊さん
ありがとうございました。
これからアクセスアップの秘訣を伝授していただきます。
また、参加しますのでよろしくお願いいたします。

早速、HAMAZOブログも立ち上げました。
             →ふくろうおじさん気まぐれブログ

ふくろうおじさんのひとりごとー
       元気な、勢いのある人と付き合おう!類は類を呼ぶ。

「ふくろうおじさん」のホームページ

       




[ 2006/10/27 19:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

「石ころ彫刻」出張講座

お茶畑の台刈り(来年の新茶に備え茶の木を揃える)も終わり冬を
迎える準備が出来つつあります。
10261.jpg

今日は午前中、お隣の街「菊川市六郷地区女性学級」のご婦人方の
石ころ彫刻体験講座」がありました。
10263.jpg
15名のご婦人方に、石ころのペンダントかペーパーウエイトを作っ
ていただく講座です。
10262.jpg
ゴムシートに絵を描きカット、それを石ころに貼ってからサンドブ
ラストをします。
10265.jpg
出来上がりはこんな感じです。
10264.jpg
出来上がりを全員で品定め?
10266.jpg

この様な楽しい出張体験講座が出来ます。
石ころ」だけでなくグラス、タイルのアクセサリー、湯のみ茶碗
なども彫刻できます。
小学生中学年からご年配の方まで、男女問わずにやっています。
小型のサンドブラスト機で彫刻しますので、電源があるところでし
たらどこでもOKです。
彫刻以外のクラフトの指導もいたします。
今まで、小学校、ボーイスカウト、子供会、商工会婦人部、ロータ
リークラブ、職場組合、家庭学級など、たいへん多くの皆様に体験
していただきました。
イベントやグループでのご利用がありましたらどこでも伺います。
興味のある方は,是非お問合せ下さい。→こちらへ

ふくろうおじさんのひとりごとー
        何ごとも経験、やってみなけりゃ分からない!

「ふくろうおじさん」の新しいホームページ


[ 2006/10/26 17:18 ] 石ころ彫刻 | TB(0) | CM(4)

投げ餅

今日は、昨日の雨も上がり朝から青空がひろがりました。
10251.jpg

「ちっちゃな文化展」で小生が会場としてお借りした「松葉米穀店
さんのことは以前ご紹介しました。
若旦那のブログ→あんもう屋けんちゃん貧乏暇あり(リンク張りました)
10252.jpg

イベント2日目の土曜日、朝お店に着くと岡山ナンバーの車が止まっ
ていました。
松葉さんにお聞きしたら「投げ餅」をわざわざ岡山から引き取りに来
られたそうです。
当日は,お日柄が良かった(先勝)ため松葉さんは大忙しでした。
家族総出、おじいちゃんやおばあちゃんも朝5時から仕事だったそう
です。
車が何台も「投げ餅」を引き取りに来ていました。
積んでいくお餅も半端な数ではありません。
10253.jpg

ここ、遠州の海岸端を中心にした地域では昔からの風習としてこの
餅投げ」が行われています。
今では,建前の時はもちろんですが、お祭りにも多くの注文が入る
と言っていました。
そう言えば小生の地元、金谷の「お茶祭り」でも「餅投げ」をする
屋台がありました。
10254.jpg

小生は、このお餅をお雑煮にして食べるのが好きです。
前日、松葉さんに「夜食にどうぞ」と言って一袋いただきました。
夜、飲んだ後に仲間と一緒に分け合って食べました。
やわらかくて美味しかったです。

ふくろうおじさんのひとりごとー
      投げ餅伝統文化の味がする「遠州横須賀街道」

「ふくろうおじさん」のホームページ

       




[ 2006/10/25 19:48 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

秋祭り

小生が「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」に参加している時、
工房の前の「菊川神社」の秋祭りです。
10241.jpg

いつも、同じ時期に重なってしまいますので、土曜日の朝早く
大須賀から帰ってきます。
神社にお酒、屋台にご祝儀を届けてから、また大須賀に戻ります。
10242.jpg

小さな神社のお祭りですが、風情があっていかにも田舎のお祭り
といった懐かしさを感じさせるものがあります。
10243.jpg

夜の屋台回しも良いのですが、今回は見ることが出来ませんでした。
遠州地方独特の大きな2輪の屋台です。
金谷地区ではここだけです。
10244.jpg

恒例、最後の餅まきも今年は雨のため中止になったそうです。

ーふくろうおじさんのひとりごとー
            秋の夜の屋台囃子と御神燈
「ふくろうおじさん」のホームページ


[ 2006/10/24 13:19 ] 誠一庵 | TB(0) | CM(8)

着物すがた

三日間のイベントが終わりました。
遠州横須賀街道ちっちゃな文化展第8回
このイベントも年々、盛大になっていく様な気がします。
最後の日の3時頃から雨になりましたが、期間中たいへん多くの
お客様に来ていただきました。
久しぶりに会う人、新たに出会った人、いろいろの人との交流が
あり、本当にあっという間の楽しい三日間でした。
ありがとうございました。
お借りした「松葉米穀店」さんや「遠州横須賀倶楽部」の皆様を
はじめ「大須賀商工会」ボランティアの方々、大須賀の街の皆様
には頭の下がる想いです。
本当にありがとうございました。
来年も楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。

期間中、着物を着た方を時々見かけました。
お茶のお手前の方々
10234.jpg

この間の岐阜県美濃市、「美濃和紙あかりアート展」でもそうで
したが、ここ数年若い女性がオシャレで着物を着ることが増えて
きています。

和風の家の趣きにマッチして
10233.jpg


日本人として着物姿の女性を見るとホッとするのは私だけでしょ
うか?
10231.jpg


特に若い女性の着物姿は良いものです。
10232.jpg

自分も着物を着てみようかなと思ってしまった瞬間でした。

ふくろうおじさんのひとりごとー
           日本の心を忘れない!

「ふくろうおじさん」のホームページ





[ 2006/10/23 17:23 ] イベント | TB(0) | CM(8)

「ちっちゃな文化展」ご近所さん

「ちっちゃな文化展」と思ってくると大間違いです。
最初は小さかったでしょうが、最近は68カ所110人以上の作家が集
まるそうです。
まだ、入りたくても入れない作家も多くいるようです。
ゲリラ出展している作家(?)も多くなってきました。
それだけ人気があるイベントということでしょう。
小生の近くの出展者をご紹介いたします。

最初は,横浜の平田さん(絵画)
10226.jpg

10221.jpg


静岡の町田さん(デザイン)
10223.jpg

10224.jpg


東京の鈴木さん(絵画)
10222.jpg

10225.jpg


ーふくろうおじさんのひとりごとー
       継続は力なり、百歩の道も一歩から!

ふくろうおじさん」のホームページ


[ 2006/10/22 07:43 ] イベント | TB(0) | CM(0)

会場の様子

昨日から始まった「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」の様子を
少しだけお知らせいたします。

初日の様子
10212.jpg

正規のスタートは午後1時なのに午前中からお客様が来ていました。
去年も確かそうでした。

午後になると大勢のお客様が来ました。
10213.jpg


お借りしている「松葉米穀店」さんのお宝も展示しております。
その昔は城下町のお医者様であったようです。
10211.jpg


今日の夜の様子(土曜日は午後9時までの展示です)
ご近所の方は夜、家族連れでお出でになります。
10214.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
       人から刺激を受け、人に刺激を与える。まさに相乗効果!

「ふくろうおじさん」のホームページ

       


[ 2006/10/21 22:42 ] イベント | TB(0) | CM(0)

今日から始まる!

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」今日の午後からです。

その前の落ち着いたひととき、工房周りの写真を撮って来ました。

ツツジの木に張った蜘蛛の巣、真綿のような感じできれいです。
10202.jpg

真ん中に一匹の蜘蛛がいます(分かりにくいかな?)
10203.jpg

これは茶ノ木に、今日は朝露もあってキラキラしていました。
10204.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
        作品展が始まる前の静かな時間、
             そんなひとときがたまらなく好きです。

「ふくろうおじさん」のホームページ

[ 2006/10/20 09:32 ] イベント | TB(0) | CM(4)

遠州横須賀「松葉米穀店」

今日も秋晴れ
10191.jpg

午後から「ちっちゃな文化展」の搬入にいって来ました。
昨日書きました「松葉米穀店」さんです。
「松葉米穀店」さんは単なるお米屋さんではありませんでした。
今日,お話しさせていただいて分かったのですが「投げ餅」を作っ
ているそうです。
若旦那(失礼かな?)はホームページもブログもしっかりやってい
て、この道の先輩でした。
             ホームページ→松葉米穀店
             店主のブログ→あんもう屋けんちゃん
小生のことも話題にしていただきき感謝です。
             ブログ→9月30日の話題

さて、搬入が終わったら当りは薄暗くなっていました。
10192.jpg

近くで覗くとこんな感じ。
10193.jpg

明日の午後からの開催です。
天気も良いようです、皆さんのお越しを心からお待ちしています。

ふくろうおじさんのひとりごとー
       準備万端、あとは天気次第、何とかなるさ!

ふくろうおじさん」のホームページ

[ 2006/10/19 19:51 ] イベント | TB(0) | CM(6)

ちっちゃな文化展

もだいぶ深まってきました。
10181.jpg

さて、明後日から始まります「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展
小生の出展場所ををお知らせいたします。
街に行きますとあちこちでパンフレットをくれます。
会場が広いので、だいたいこの辺を目安にして下さい。
10182.jpg

東新町の松葉新太郎邸です。
10184.jpg

お米屋さんです。
10183.jpg

小生のジャンルがブラスアートになっていますが間違いです。
正規には「ブラストアート」です。(昨年もそうでした)
来年からは「彫刻」にしよう。
手彫り彫刻の石ころ作品も出展いたします。

ふくろうおじさんのひとりごとー
          石は意志に通ず石に気持ちをこめて・・・。

「ふくろうおじさん」のホームページ

       


      
[ 2006/10/18 18:04 ] イベント | TB(0) | CM(0)

遠州横須賀街道

昨年、泊まった「八百甚」さん
10171.jpg

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」に出展している作家と街の方
たちとの交流会が初日の夜、街の施設を使って開かれます。
当然、飲み助には時間が足りません。
そこで宿泊施設での飲み会になります。
昨年、小生は横須賀街道の「八百甚」さんに泊めていただきました。
八百甚」さんは古い旅館で写真家の大竹省二さんが金沢明子(民
謡歌手)のヌード写真を撮ったところでもあるそうです。(昔の話)
玄関を入ると映画の「蒲田行進曲」に出て来たような階段があります。
女将さんも気さくな方でゆっくりと休めるところでしょうが、
飲み助ばかり(自分も)ではそうもいきませんでした。
10172.jpg

今年は、近くの割烹旅館「かねきや」さんの宿泊になりますと、
今日通知が来ました。(今年は、八百甚に潜り込んで飲み会かな?)

ふくろうおじさんのひとりごとー
    また会える喜び,新たに出会う楽しみ、秋の酒はうまい!

ふくろうおじさんのホームページ
[ 2006/10/17 17:17 ] イベント | TB(0) | CM(2)

ちっちゃな文化展

今週の20日(金)~22日(日)の間
遠州横須賀街道ちっちゃな文化展(第8回)」が開催されます。

「まちなみは文化だ!」そんなあたり前のことが、意識されなくな
って来ています。
日本人とは?日本人の暮らしとは?「ちっちゃな文化展」では、横
須賀街道のまちなみと芸術品の競演を通じ、この問いかけを常に意
識してきました。8回を積み重ねた「文化展」と同じく、まちなみも
また、人の気持ちと歴史との積み重ねだと感じます。
難しく考える必要はありません。でも、この夢空間を自分の足で歩
く中で、ほんの少し考えてみて下さい。
「まちなみは文化だ!」という「ひとの暮らしの向き」の原点を・。
                  パンフレット表紙より抜粋

昨年の出展(西本町春田邸)
10161.jpg

内部の様子
10162.jpg

土曜の夜は9時までやります。
10163.jpg

今年は、昨年展示させていただいた「春田邸」が新築されたため、
小生は東新町の「松葉新太郎邸」パンフレットNo.60での展示です。

ふくろうおじさんのひとりごとー
       秋の夜長の横須賀街道、芸術文化に触れる旅

ふくろうおじさんのホームページ
[ 2006/10/16 17:30 ] イベント | TB(0) | CM(0)

ふくろうとのふれあい

今日は「掛川花鳥園」で実演販売です。
10151.jpg

ここでは、午前10時30分と午後1時、3時の3回、毎日「ふくろう
の飛行ショーがあります。
10152.jpg

担当の女の子が、餌を持ってふくろうの名前を呼ぶと腕まで飛んで
きます。
このふくろうたちは、生まれたときから人に育てられ、訓練をして
いますので人には慣れていて怖がりません。
人間と同じで、一羽ずつ性格も違います。
毎週のように花鳥園にお邪魔していると良くわかります。
機嫌の良い時、悪い時、ショーに向いてる子,そうでない子。
どんな生き物にも個性はあるものです。
10153.jpg

そして、飛行ショーが終わるとふれあいの時間になります。
ふくろうを触ったり、腕に乗せて写真を撮ったり出来ます。
10154.jpg

ふくろうの好きな方、鳥の好きな方は是非おいで下さい。
花もきれいに咲いています。
年中無休ですので、いつでも大丈夫です。

ふくろうおじさんのひとりごとー
       個性とは、自分の真の姿のこと

誠一庵

[ 2006/10/15 18:38 ] ふくろうのこと | TB(0) | CM(0)

今日のこと

今日は「しずおかデザインコラボ2006」の最終日です。
天気も良く絶好の「秋日和」
10141.jpg

たった3日間でしたがいろいろな方のお会いしました。
お客様はもちろんですが、数年ぶりに会う、友人知人,
そして今日は同級生にも会うことができました。
短い時間ですが、久しぶりに話すことができ、
楽しい時間を過ごしました。
また、昨日も書きましたが、他の出展者の方とも親しくしていただ
き本当にありがとうございました。

チベット瑪瑙のペンダント(ふくろう彫刻)
肥料屋さんのかわいいお嫁さんが気にいってくれました。
10142.jpg


これは、お隣の先生から頂いた水晶(約4cm)です。
先生は、多面体の研究をしておられ小生には良く理解できないこと
をやっていて、本もお書きになっています。→秋山清先生
10143.jpg

短い期間でしたが、振り返ってみると結構収穫のある三日間でした。
皆さんありがとうございました。
最後ですが「産業創造機構」のスタッフの皆さん、お疲れさまでした
ありがとうございました。

ーふくろうおじさんのひとりごとー
        種まきはいっぱいしておく、芽が出るには時間がかかる。

ふくろうおじさん」のホームページ


[ 2006/10/14 20:13 ] イベント | TB(0) | CM(4)

デニムブラストアートのこと


今日も静岡のイベント会場でした。
二日目になると、出展者同士も顔なじみになってお互いの展示内容
が分かって来ます。
名刺交換をしたり、細かな内容を聞いたりして交流を深め、ビジネ
スへと繋げていくよう努力しているのが分かります。
10131.jpg

小生のブースにもバングラディッシュ(日本語が堪能な)の方がこ
られデニムにサンドブラストを施した作品(デニムブラストアート
に関心を示し「是非、ビジネスとして使いたい」と話がありました。
願ってもない話です。
小生の作品を展示しながら関連商品を販売しようと提案しました。
どんな展開になるかは分かりませんが、楽しみです。

ふくろうおじさんのひとりごとー
        積極策をとる、引っ込んでいては前に行かない。

「ふくろうおじさん」のホームページ


[ 2006/10/13 21:15 ] イベント | TB(0) | CM(3)

しずおかデザインコラボ2006

今日から始まりました。
10121.jpg

静岡県の「しずおか新産業技術フェア2006」内での展示です。
10122.jpg

県内のデザイナー約20人の中に入っての参加ですが、
家具などの工業デザインを中心とした先生方が中心です。
小生の物だけが浮いている(良く言えば異質で目立ている)感じが
します。
10123.jpg

特に、一般の方や女性には良く見ていただけます。
何人か知っている先生もいるし、数年ぶりで会う人などが来たりして
気楽な感じでやっています。
最近は「東京ビックサイト」での出展の機会が多く、ここ「静岡ツイ
ンメッセ」は数年ぶりです。
東京と違って、やはり「のんびりモード」になってしまいます。
今日の入場者は2300人
明日は、どうでしょうか?
夕方のテレビニュースでは大きく取り上げていましたが、さて?

ふくろうおじさんのひとりごとー
      再会、みんな生き生きした笑顔、元気が何より!

ふくろうおじさん


[ 2006/10/12 21:40 ] イベント | TB(0) | CM(0)

秋本番

昨日,久々に工房の周りの草刈りをしました。

むかご
10111.jpg

いつもは母と妹に頼むのですが、今年は自分でやってみました。
母も八十歳になり、先日すこし風邪気味でお医者さんに行ったら元
気が良いのはいいが、年相応に動きなさいと言われたそうです。
いつも元気で気がつかなかったのですが、もうあまり無理はさせら
れない歳になっていました。
気がつかなかったと言えば、もうも本番を迎えていました。
山芋のツルにも「むかご」がいっぱいついています。
早速、取って家の持っていきました。
塩で煎って、今日の酒のつまみに・・・・・!
草刈りも、ここ「菊川の里」菊川神社の典(21、22日)で工房
の前を使うため、毎年この時期にきれいにしています。

今日はこれから、明日より開催される
しずおかデザインコラボ2006」の搬入に行って来ます。

ススキも、だいぶ耄けてきました。
10112.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
       いつかは老いゆく我が身なり。善くも、悪くも

誠一庵
[ 2006/10/11 13:03 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

美濃のこと2

美濃の秋晴れ2
10101.jpg

「とうやま」さん(美濃のおみやげやさん)の横で
作品の販売をしていたら4人連れの外人さんが来ました。
その中の男性の一人が、
なにやら大きい体で小さな紙袋から何かを出そうてしています。
小生の作品を買ったが何か不具合でもあって
クレームを付けられるのかと思っていました。
そしたら「あなたのものを隣で買ったが、本人が居ると聞いたから
来ました。是非、その石ころペンダントをして、いっしょに写真を
撮りたい」と女性のお連れ様が通訳してくれました。
時々、この様なことがあります。
小生の作ったものを気に入っていただき、
写真やサインまでねだられる時もあります。
ありがたいことです。感謝!

その時の写真です。
10084.jpg


JABAの作品展の作品がアップされました。→こちら


ふくろうおじさんのひとりごとー
     人類みな兄弟、どこかの国も早くそうなれば良いのにな!

OWL DREAM

  
[ 2006/10/10 19:32 ] イベント | TB(0) | CM(2)

美濃のこと

美濃の「とうやま」さんで「あかりアート展」に併せて作品の販売
をさせていただいていたきました。
今年で2回目です。
風が強くて「あかりアート」の作品が倒れたり、飛んでいったり、
スタッフの皆様は大変に苦労をしていました。、
でも、昨年のように雨が降らなかったため、
お客様にとって、作品を鑑賞するに良い秋の日でした。

美濃の秋晴れ
10082.jpg


小生のあかりアート出展作品 No.173
タイトル「TOWERかたいものとやわらかいもの」
10091.jpg

残念ながら選外でしたが、目立っていたことは確かです。
ガラスが主役になってしまい、
和紙の良さを表現しきれなっかったのが原因と思います。
来年もこの反省を教訓に、もう一度挑戦したいと考えています。

ーふくろうおじさんのひとりごとー
       アートは、理屈じゃない、直感だ!

誠一庵


[ 2006/10/09 16:01 ] イベント | TB(0) | CM(2)

美濃和紙あかりアート展

昨日から「美濃」です。
昼間は思ったほど人出が少なく、大丈夫かな思っていますが(昨年
もそうでしたが)夕方、暗くなり始めると何処から来るのかと思う
くらい混雑してきます。
昨年は、初日が雨でしたが今年は「台風一過」好天に恵まれ「あか
り」をともすには絶好の夜でした。
10時頃、終わって帰るときには大きなお月様が見えていました。
「あかり」の写真を撮りたいのですが、一番忙しい時間帯で、いつ
も撮影は無理です 。・・・ゴメンナサイ。
写真はおみやげやさん「とうやま」この店の向かって右隣のところ
におります。
10081.jpg

お店の中、小生のコーナー
10083.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
      いつもありがとう!この言葉に勝る言葉なし。

ふくろうおじさんのホームページ

[ 2006/10/08 09:52 ] イベント | TB(0) | CM(0)

あかりアート展の作品

夜中にやっと出来上がりました。
製作していく途中で、いろいろ問題が出て来て、
結局完成したのは夜中になってしまいました。
電気をつけて見ると、結構いい感じです。
でも、和紙の良さが今イチかな?
今日、受付して搬入をすませないと公に発表できないのですが
皆さんには、一部分をお見せします。

こんな感じです。
10071.jpg


では、美濃に向かってGO!

ふくろうおじさんのひとりごとー
       失敗の中に、アイデアが潜んでる。

誠一庵

[ 2006/10/07 06:15 ] イベント | TB(0) | CM(0)

来週も!

昨日も書きましたが、明日から「美濃市」です。
月曜日は、「掛川花鳥園」の販売と「やまぼうし」の搬出
11日は「デザインコラボしずおか2006」の搬入で、12日~14日
はその本番、今がピークという感じです。
10061.jpg


出店場所はこちら
静岡新産業技術フェアー2006内でのイベントになります。
ブースNo.8(青色の角)
10062.jpg

静岡県内のデザイナーさんに混じって(いいのかな?)の展示です。
まだ、「あかりアート展」の作品も途中です。
いつも,土壇場で作ってます。(早く準備すれば良いのにね)

ふくろうおじさんのひとりごとー
       終わり良ければ、すべて良し。これでいいのかな?

誠一庵のホームページ



[ 2006/10/06 10:06 ] イベント | TB(0) | CM(0)

美濃和紙あかりアート展

今週の7日(土)8日(日)は、岐阜県美濃市で行われます「第13回美濃
和紙あかりアート展
」に行ってきます。
10053.jpg

昨年は、おみやげの「とうやま」さんで自分の小物作品の販売だけ
でしたが、今回は「あかりアート」の作品も応募いたします。
小生の作品はNo.173です。
10052.jpg

美濃市は、「うだつ(写真)が上がる」古い町並みが整備され「あ
かり」が灯ると幻想的な雰囲気になります。
それを楽しみに、多くの人が訪れます。
あとは、天気が良くなることを願うだけです。
10051.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
    また,新しい出会いがある。それが楽しみ!フーテンの寅?

ふくろうおじさんのホームページ
[ 2006/10/05 10:54 ] イベント | TB(0) | CM(0)

JABA作品展

今年の作品展で小生の気に入った物を,前回(10/2)に続いて紹介
いたします。
二つとも女性で「被せガラス」を使った「灯り」の作品です。
色の違うガラスを、何層かに重ねて作った「被(キ)せガラス」
それを素材として彫刻していきます。
彫りの深さで色を出していくため、何回かに分け彫刻します。
サンドブラストの作品と言えば「被せガラス」と思われるくらい多
くの人が製作しています。

横浜のOさんの作品です。
デザインもすばらしく、かなりの評価を得ていました。10041.jpg

最近は、自動回転台や発光ダイオードを使った作品(他のジャンルで
も)が多く見かけられる様になってきました。
アイデアとしては良いのですが,間違えると「場末の飲み屋」の飾り
に見えます。
作品はデザインがやはり重要と思っています。
思い込みだけで作るのは、マイナス面もあることを考えましょう。

これも同じように「被せガラス」の作品です。
オーソドックスな作品ですが,
これからの季節にはピッタリの逸品です。
10042.jpg

JABAの会員は、ほとんどサンドブラストを本業としていない方々です。
しかし、向上心もあり腕はプロ級と思われます。
今後が楽しみな人ばかりです。
サンドブラストを職業としてやっている方も増えて来ていますが、
作品的な物をあまり作らない(発表しない)で作家アーティスト
芸術家を名乗っている方も多く見かけます。
日本の風土がそれを認めてしまうこともあり仕方の無いことですが、
1年に一回くらいは自分の自信作を発表したいものです。

ふくろうおじさんのひとりごとー
      停滞は後退、周りはいつも進化している。


[ 2006/10/04 13:33 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

終わりました。

麻布の緑
10034.jpg

昨日で「JABA」の作品展が終わりました。
おかげさまで出展者が少なかったのですが、良い作品が多く出され
盛況の内の終わることが出来ました。
終わってから懇親会二次会と盛り上がりました。
おかげで、終電に間に合わなくなってしまい、今朝一番の新幹線で
のご帰還と相成りました。(いつものことですが・・・・・?)
ギャラリー入口
10032.jpg

ギャラリーが、分かりにくて帰られた方もあったとお聞きしました。
大変に申し訳ございませんでした。
ちょうどオーストラリア大使館(茶色のタイルの建物)のちょっと
手前の右にあります。
10031.jpg

少し,坂を上がっていくとこのビルが見えます。
どんな人が住んでいるのでしょう。ちょっと怖いな?
10033.jpg


ふくろうおじさんのひとりごとー
      美味しいお酒と楽しい仲間、話がはずみ時を忘れる!
[ 2006/10/03 13:29 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)

JABA作品展最終日

今日で、JABA(日本ブラストアート協会)の作品展が終わります。
搬出と懇親会のスッタッフとしての仕事がありますので、
今から東京に向かいます。
今年の作品で、面白かった物を紹介いたします。
すべて、空き瓶を利用した作品です。
10021.jpg

10022.jpg

先日も書きましたが、年々作品のレベルが向上しています。
技術はもちろん、今回は発想やデザインにも
すばらしい物が見られます。
10023.jpg

10024.jpg

特にこの空き瓶利用の作品は、従来の物と違い
「空き瓶」=「安もの」と言う概念を覆す仕上がりだと思います。
このような作品が、「サンドブラストアート」を
世に認めてもらう原動力になることと思います。
10025.jpg

10026.jpg


ーふくろうおじさんのひとりごとー
      どんな世界にも、アイデアは無限にある。

[ 2006/10/02 08:08 ] 作品展のこと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into