FC2ブログ

ふくろうおじさんのブログ

彫刻家「誠一庵/土屋誠一」の作品紹介やイベントなどの情報、日々の出来事、思ったことなど!!
ふくろうおじさんのブログ TOP  >  家の建替え

気分はリゾート

110724.jpg

昨年、家を建て替えてから1年と一ヶ月!
懸案であったウッドデッキがやっと完成した。

材料から段取り、施行まで自分で手掛けた。
仕事の合間をぬっての作業、
途中、台風にあって中断する日も有り、予定よりも大幅に遅れた。

今日、仕事から帰ってきて階段を取り付け、なんとか出来上がった。

窓から覗く風景は、今までとは少し違って見える。
気分は、プチリゾートの雰囲気!
外に出てデッキで飲むビールは格別でした。

↓↓応援クリックしてね!
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[ 2011/07/24 21:43 ] 家の建替え | TB(0) | CM(3)

家を建てるということ 7

100227.jpg
基礎工事

前の家を建ったのは約35年前だった。
当時、小生はまだ独身時代
分けも分からず親父の言う通りにした。

父は人一倍臆病で神経質、
ちょっとした事で考え込んでしまい胃を悪くした。
鬱状態で会社を休んだ事も度々。
もともと結核で永く入院したりして
母が大変に苦労していた事も思い出す。

そんな親父だから安くて小さな家だった。
でも、当時は新しいだけで満足だった。

今度建つ家も決して高級ではないが、
いまの時代にあった仕様である。
お風呂、トイレ、キッチン
どれをとっても良いものである。
今はどこでも当たり前だろうが、
小生達家族には高級品だ。
子供たち曰く「ホテル並みの仕様だ!」
ペアガラス、断熱材、床の厚さ、耐震構造、火災警報機etc

今までの家がひど過ぎたから
快適な生活が送れる事は確かだが、
生活コストはそれなりにアップしそうだ!


ISIJIZO.COM

OWL-DREAM

[ 2010/02/27 19:38 ] 家の建替え | TB(0) | CM(0)

家を建てるということ 6

100213.jpg
いよいよ工事開始!

昨日は浄化槽の工事!
今日から基礎工事が始まりました!

更地で確認する我が家は小さく感じますね。
柱が立ってくるとそれなりになるようですが・・・!

棟上げは来月19日ですが、イタリアに行っていて留守です。
式典を長男に任せるのも良い機会かな?!


ISIJIZO.COM

OWL-DREAM
[ 2010/02/13 22:43 ] 家の建替え | TB(0) | CM(0)

家を建てるということ 5

100203.jpg
地鎮祭 2010.2.3

風が強く、寒い朝です!
島田の大井神社に宮司を迎えに行った。
地鎮祭の祭事をお願いしたのは、
30年来のお付き合いがある片川先生

先生は小生が独身時代からの恩師
もう、80歳になられるそうです。
「先生じゃなくてもいいですから」と、
お願いしたのですが,
予定を合わせて来て下さいました。
神社では節分祭の準備で忙しいというのに!

強風が吹き荒れ、榊も飛んでしまうほどでしたが、
神事は滞りなく終わりました。

いよいよ工事で開始です!

ISIJIZO.COM

OWL-DREAM
[ 2010/02/03 16:35 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)

家を建てるということ 4

100130.jpg
造成中 2010.01.18

昨日の記事にも書きましたが、
モノを作るということは、
作り手の意識で仕上がりが変わる!
量産ものでも、ひとりくらいなら
どうと言うことはないだろうが
半数以上が、嫌々作っていたらどうだろうか?

まさに今、問題が噴出した巨大企業がそうだろう。
倒産したアメリカの巨大企業もシカリである!!

さて今回、家を立て替えるにあたり
一番重視したところは工務店選びであった。
個人の大工さんでも良いがコスト面と納期、
そしてアフターが心配!
昔と違い、様々な近代的な様式で
それなりの知識も情報も必要である。

今回、小生は中堅どころの工務店さんにお願いした、

なぜそうしたか?
大手の住宅会社でもローコストで良いものもあったが、
作り手、職人さんの気持ちが心配だった。

大きな住宅会社はコストを抑えるために
職人さん達の日当を削っている。
そこに、職人さん達の気持ちが入る。
頭に来ていい加減に投げやり気味に作るのではないか?
検査には通るかもしれないが見えないところが心配!

職人さん達の顔が見え、気持ちよく作ってくれる。
それが一番大切だと考えた。

工務店の社長さんに聞いた!
「職人さんへの支払いは?職人さんの定着率は?」

全て満足出来る回答が帰ってきた。
そして、現場での仕事の仕方、環境、躾、挨拶も
完璧ではないにしても他に比べたら大きな差がある。

作り手の気持ち、意識は大切である!!

isijizoバナー
[ 2010/01/30 19:09 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)

家を建てるということ 3

100126.jpg
更地になった我が家/2009.12.29

家を建てるのに一番問題なのは資金である。
小生のように、毎月の収入が安定していない職業は
住宅ローンを組むのに審査が厳しい!
特にこのご時世である。

取りあえず、頭金は保証金等で何とかなりそう??!
問題はローンが組めるか、そして条件は??
地元の地銀、信用金庫、JAの3カ所でシュミレーション
結果は、金利等の条件とスピーディーさ、
対応の良さでJAに決めた!

お陰さまで審査はなんとかクリアー。
よかった~!

さて、ローンの返済方法は?
迷ったのは、単独で組むか?息子と一緒に組むか?

息子に負担をかけないようにするか?
息子と組んで長期の返済で月々の返済を少なくするか?

いろいろと悩んだが、息子と一緒に返済することにした。
息子にも話して納得してもらっての結論。

ただ、返済が楽なことだけで決定したわけではない!
息子にも自覚を持ってもらう良い機会だと思ったからです。

今月に入って直ぐ、
JAに行き、息子と二人でローンの契約
工務店に出向き建築の契約

息子曰く!
「こんなに名前や住所を書いたことはない!
 実印も押したこともない、緊張して疲れた~!」

その言葉を聞いた時、これで良かったと思った。
実印の重さ、重要さが分かっただけでも!
割り印や印紙などのことも良い勉強になったはず。

経験者には、つまらないことかもしれないが
我々のような庶民にはそういった経験をする機会は少ない。
その経験を若い時にすることで
男、成人、大人の自覚が出て来ると思う。

息子はそこまで考えてはいないかもしれないが、
無意識のうちに自覚はするだろう。

親の勝手な思い込みかもしれないが・・・!

[ 2010/01/26 19:47 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)

家を建てるということ2

100121.jpg
解体完了!2009.12.28

家は、三回建て替えなければ理想通りのモノが
出来ないと言われます。

小生は二回目
今、そのことが実感として分かります。

当初、小生の描いていた我が家のイメージは
息子 女房との趣味の違いで却下
今風の家になってしまった。

家族の中では、親父は弱いものですね。

さて、どんな家になっていく事でしょう!

[ 2010/01/21 22:49 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)

家を建てるということ1

100119.jpg
我が家の解体 2009.12.25

区画整理事業と言う大義名分の基に
家の立て替えを余儀なくされ
昨年からその作業が始まった。

組合、役所との交渉は何年になるだろう!
当初は、隣組全員が反対した。
農家の大地主が土地の有効利用が出来ないからと
政治家とつるんで始めたのではないかと疑った!

「区画整理で何が良い事がある」
「土地の値段が上がる」
役所の担当課長のこの言葉に皆が憤慨した!
土地持ちで売る土地がある人は良いが
住む土地しかない我々は
固定資産税が上がる事は目に見えている。

賛成者70%と言う数字に負けて仕様がなく推進に!

考えてみれば、我が家もメンテナンスは皆無
35年の月日が経った小さな家。
親父と一緒に建ったこの家もそろそろ建て替え時。

今度の家は息子と一緒に建つ事に!

反対はしましたが、今はちょうど良い機会だったと思う!



[ 2010/01/19 20:24 ] 家の建替え | TB(0) | CM(2)
プロフィール

土屋誠一

Author:土屋誠一
彫 刻 家

静岡県島田市菊川661-1
tel.090-3447-5287

ホームページ

20070207102915.jpg

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索+カテゴリー+記事
translate this blog into